中学生の頃に生えてきたとってもにくらしい若白髪に関する悩み【みんなの体験談】

中学生の頃から生えている若白髪に悩んでいます

私の髪の毛に関する悩みは、中学生の頃から若白髪があることです。

それも少量ではなく、他人から見てわかるレベルに多いです。

中学・高校の頃は周囲のみんなが、若白髪があるのは頭がいいからだよと言ってくれたので、指摘を受けてもあまり気になりませんでした。

でも年齢を重ねるにつれて、そういうふうに言ってくれる人が少なくなり、だんだんコンプレックスになりました。

大学生の頃は対策として髪を染めたりしていましたが、社会人になった今はそうもいきません。

社規則の厳しい企業に勤めているので、目立ってしまい困っています

規則の緩い企業ならまだ良いかもしれませんが、そんな企業ばかりでもないので、普段から目立ってしまい困っています。

近づかなければわからないし、相手も社会人なので指摘されることはそう多くないのですが、やはり指摘されるのは嫌だし、正直ショックです。

仲の良い友達や同僚からこっそり指摘されるのはまだしも、男性の先輩から指摘を受けたこともあります。

最もショックに感じるのは、自分が好意を寄せている相手から指摘を受けることです。

過去に堂々と指摘してきた人がいて、好意を持っていても正直イラッとしました。

でもその人は、美容関係の仕事に従事していて髪のケアのことも色々と勉強されていたので逆に心配されました。

なので、まだましだったかなと思っています。

若白髪の原因はストレス?でもストレスを溜めないようにするのは難しい・・・

私が考えるには若白髪の原因はストレスだと思います。ストレスを溜めやすい性格だからです。

でもストレスを溜めないようにするのは難しい為、シャンプーやトリートメントに気を遣っています。

ちょうど主人が美容製品関係の仕事に従事しており、色々と髪や頭皮のケアについて勉強している為、教えてもらいながらケアに努めています。

主には、一般では非売品のメーカーから美容室へ直接卸すような少し価格が高くケア効果の強い商品を毎日使用しています。

今までは何となくドラッグストアなどで商品を購入していましたが、主人にケア効果などを教わりながら、様々な効果のある季節性のシャンプーやトリートメントを使用して髪のケアに努めています。

効果があったのか無かったのか、以前よりは若白髪を指摘されることは減ったように思います。でも依然として鏡を見ると、自分で若白髪を見つけてしまう時があるので、髪のケア自体が白髪にも効果があるかは何とも言えません。

が、主人にはこれ以上増やさないためにも頭皮のケアは大事だとアドバイスを受けるので、とりあえず教わりながら主人の購入してきてくれるシャンプーやトリートメントを使用しようと思います。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました