10代の薄毛対策|ストレス解消や食事から栄養を補給しよう!

10代には10代の薄毛の原因があり、それに合った対策があります。

大人とは違い、10代の人がやってはいけない、またはやらないほうがいい対策もあります。

日常生活のなかで、改善したほうがいいことにも、注目してみましょう。

生活習慣に関する薄毛対策は、将来のために、10代のうちから始めておきましょう。

10代の薄毛は受験や部活、友達関係などのストレスが原因って本当?

人がストレスを溜め込むのは、将来のことを考えるからだともいわれます。

平均寿命が延びている現代、まだまだ先の長い将来について考える機会の多い10代の若者は、大人よりもストレスを抱えやすい状態です。

受験や部活、友達関係に将来の仕事や老後のことと、考えなければならないことがありますから、ストレスも溜まるでしょう。

ストレスは、自律神経の緊張を招き、これが血管の収縮につながります。

そうなれば頭皮の下にある毛細血管には、血液が送られにくくなります。

毛細血管は、髪が栄養や酸素を受け取る毛根とつながっています。

ストレスは、この毛細血管をゴースト化させる原因にもなっています。

ゴースト化してしまうと、復活が難しいので、その前に予防が必要です。

その効果が高いといわれているものに、ルイボスティーがあります。

10代で薄毛に!?デリケートな頭皮のためのシャンプー法とは?

10代の肌はデリケートで、頭皮も同様です。

シャンプーも刺激の強いものが使われているものは、避けたほうがいいでしょう。

また、臭いにも敏感になったり、夜に汗をかいたりするために、朝シャンプーをする人もいるでしょう。

でも、これは薄毛になりやすい人にはおすすめできません。

皮脂でできる天然のバリアが、壊れてしまいます。

肌の質によっても変わってきますが、乾燥肌や普通肌の人は洗浄力が弱めなアミノ酸シャンプーがおすすめです。

オイリー肌の人は、アミノ酸シャンプーだと、皮脂が残ってしまうこともあるので、状態に合わせて使い分けましょう。

すすぎの時に、シャンプーが髪や頭皮に残らないようにするのも大切です。

10代の薄毛はサプリや育毛剤より食事で栄養補給をしよう!

男性に多い薄毛のAGA治療約には、プロペシアとミノキシジルがあります。

高い効果が認められていますが、10代は使用が禁止されています。

ただし、似た効果が期待できる成分が配合されているサプリメントは、使用できます。

ただ、成長期でもあり、体がどう変化するかわからない時期ですから、積極的に摂取すべきではないでしょう。

小学生や中学生であれば、ホルモンや分泌の専門の先生がいる小児科で、相談してからのほうがいいでしょう。

製造元でも、10代の摂取は推奨されていないようです。

基本的に、10代の髪のための栄養補給は、食事から摂ることをおすすめします。

人気の育毛剤サプリメントでは、AGAにアプローチできる成分が含まれていることが多いですが、10代の薄毛の原因がAGAということは少ないでしょう。

使うとしても、天然成分でできたもので、血行不良や栄養不足にアプローチするものがいいでしょう。

10代の薄毛をプロペシアで!?未成年の使用は禁止されています!

前述したように、プロペシアは未成年の使用はできません。

主な理由は、10代ではプロペシアの効き目は得られないということです。

これも前述しましたが、10代の薄毛の原因がAGAということは少なく、プロペシアはAGAの治療薬であるからです。

また、成長ホルモンへの悪影響が懸念されている、という理由もあります。

実際に10代で服用した例がなく、実証はされていないので、確証はありません。

プロペシアと似た効果が期待できるサプリメントもありますが、プロペシアが効かないとしたら、これも効かないということになります。

10代の若者ならやはり食事から栄養を補給した方が良いです。

そして、適度な運動も重要です。

スマホばかりいじってないで、適度な運動を心がけるようにしましょう。

ストレス解消にもなりますよ。

10代の薄毛を病院で治療!?AGAクリニックは親の同意が必要!

10代でも、AGAクリニックでの治療は可能です。

ただし、親の同意書が必要で、治療費が高額になるという壁があります。

薄毛治療は家族にも知られたくないという人も多いですが、10代の場合、それはまず無理でしょう。

10代でもAGAになることはありますが、その確率は高くありません。

AGAクリニックでの治療は、プロペシアとミノキシジルの処方が主流ですが、未成年には処方できません。

治療法がかなり限られる点を考えると、10代でAGAクリニックでの治療を受けるのは、あまりおすすめとはいえません。

ストレスが原因の場合は診療内科、頭皮にトラブルが起きているようなら皮膚科の診療も検討してみるといいでしょう。

まとめ

一般的に、10代のうちは、AGAの治療は早いようですね。
ストレスが原因になることが多いですから、何かストレスを発散できる趣味や楽しみをみつけましょう。
副作用はないといわれていますが、成長期にはどう影響するかわかりませんから、サプリや育毛剤を使うのは最後の手段と考えたほうがいいでしょう。
10代の薄毛なら、生活習慣を改善したり、ヘアケア用品を変えたりすることで、回復する見込みはかなり高いと思われます。

タイトルとURLをコピーしました