前頭部の薄毛は生活習慣の改善やサプリで回復するの?育毛剤も必要?

前頭部の薄毛には、前頭部の薄毛の原因にあった対策が必要です。

最初に薄くなる人が多いのはなぜなのか、どんなタイプがあるのか。

対面すると必ず目に入り、目立つ場所でもあるので、あるとないとでは印象ががらっと変わります。

薄毛になりやすく、治りにくい場所ですが、どんな対策をとったら、改善が見込めるのでしょうか

男性ホルモンの影響か血行不良か?気になる前頭部の薄毛の原因とは?

前頭部の薄毛のタイプには両端が薄くなるM字型と、真ん中が薄くなるU字型に分けられます。

どちらかというと、M字型のほうが多い傾向にあります。

前頭部の薄毛の原因には、男性ホルモンの影響によるものと血行不良、生活習慣によるものがあり、いくつかの原因が重なっていることもあります。

前頭部の特徴的な原因が、男性ホルモンによるものです。

抜け毛の原因となる男性ホルモンの受容体が前頭部と後頭部にあるため、この部分から薄くなる人が多いのです。

髪につながる血管は、普通の血管より細い毛細血管です。

そのためそもそも送られる血液の量が少ないのですが、前頭部はその数も少ないのです。

前頭部の髪に送られる血液の量は、ほかの場所より少なくなるわけですから、薄くなりやすいのもわかりますね。

ほかの場所と同じように、食事や睡眠、喫煙も影響します。

前頭部の薄毛は数年前のように回復するの?まずは生活習慣の改善から!

生活習慣が原因で薄くなっているなら、タンパク質と亜鉛、ビタミンEやビタミンCの含まれた食品を摂ることで回復が見込めます。

髪の生え際が脂っぽい人は、トランス脂肪酸の摂取を控え、皮脂が過剰分泌しないように保湿するのも対策の1つです。

上手に眠れていないと、日中の努力の成果が半減してしまいますから、ストレス解消と体温調整も大切です。

それでも一度なくなった髪をもう一度生えさせるのは、そう簡単ではありません。

生活習慣だけでは効果がでないなら、育毛剤の使用を検討してみましょう。

育毛剤には、髪が生えるために必要な栄養素や、血行促進効果が期待できる成分が入っています。

前頭部の薄毛の人には、オウゴンエキスなどの、男性ホルモンに影響する成分が入ったものがおすすめです。

育毛剤でも効果がでないようなら、発毛剤を検討してください。

発毛剤は髪が生える効果が認められているので、なくなってしまった髪も蘇る可能性が高いです。

ミノキシジルなどの副作用のリスクがある成分が配合されているので、購入の時に薬剤師の説明をよく聞きましょう。

前頭部の薄毛対策に男性ホルモンの影響を減らすサプリは有効?

前頭部の薄毛は、男性ホルモンの影響が大きいので、その影響を減らす効果が期待できる成分が含まれたサプリメントが適しています。

具体的には、ノコギリヤシや亜鉛、フィーバーフューなどがあります。

亜鉛は髪の生成にも必用な成分で、食事から必要量を摂りにくいので、薄毛の人はぜひサプリメントで補いたい栄養素です。

髪の生成に必要な栄養素や、血行促進が期待できる成分、頭皮の健康を保つ成分などがバランスよく豊富に含まれているサプリを選ぶといいでしょう。

また、自分に特に足りないと思う栄養素だけを、サプリメントで補うこともできます。

髪が生える効果が認められている薬もありますが、副作用の心配をしながら服用するのは精神的に負担にもなります。

薄毛治療は保険が効きませんから、経済的負担も大きくなります。

その2つの心配が少ないところも、サプリメントを利用するメリットです。

前頭部の薄毛対策にプロペシアってどうなの?副作用も気になる・・・

プロペシアは、厚生労働省に認められた飲むAGA治療薬です。

有効成分はフィナステリドで、男性型脱毛症のAGAの原因になる5αリダクターゼの働きを弱める力が、高く評価されています。

髪を生やすというよりは、男性型脱毛症のAGAの悪化を止めると考えたほうがいいでしょう。

薬局で買えるものではなく、皮膚科やAGAクリニックでの処方となりますが、自由診療なので価格は病院ごとに違います。

保険の効く診療に比べると、高額になるでしょう。

個人輸入という方法もありますが、安全性を考えると慎重さが必要です。

同じような効果を持つノコギリヤシがありますが、こちらは薬ではなく、プロペシアとノコギリヤシを併用することも可能です。

プロペシアとは違う効果で、薄毛の治療薬として使われているミノキシジルとの併用も、効果が高いようです。

ただし、安全を考慮し、自己判断で併用するのは避けたほうがいいでしょう。

薬には副作用がありますので、医師の指導に従って、容量、用法を守りましょう。

前頭部の薄毛対策にリアップは本当にいいの?副作用のリスクは高い?

リアップには、脱毛症の治療薬として、世界で認められているミノキシジルが配合されています。

育毛剤の中では、唯一、公的機関のお墨付きをもらっています。

ミノキシジルは、元々違う目的で使われていました。

それが、血管拡張作用が期待できるという性質から、脱毛が解消したという声があり、正式にその効果が認められるようになりました。

ミノキシジルには副作用の報告もありますが、リアップは1パーセントから5パーセントの低濃度配合になっています。

そのため、副作用のリスクは少なくなっています。

症状や体質に合わせて、合った濃度のものを選びましょう。

男性型脱毛症のAGAの原因になる5αリダクターゼの働きを弱める力が期待できる、ノコギリヤシのサプリメンと併用することで、さらに高い効果が期待できます。

まとめ

前頭部の薄毛は、血管が細く、少ないという特徴もあります。

この特徴から、血管拡張作用のあるミノキシジルの使用は、前頭部の薄毛に向いているようです。

薬の副作用が心配な人は、似たような効果が期待できるサプリメントもあるので、それを利用してもいいでしょう。

男性ホルモンの影響によるところが多いので、それを回避するためにも、サプリメントや育毛剤は役立ちそうです。

タイトルとURLをコピーしました