薄毛の原因 男性ホルモンが多いか少ないかで薄毛に影響するの?

薄毛の原因には諸説ありますが、男性ホルモンが多いと禿げやすいというのは、定説のようになっています。

巷でささやかれるこの噂は、本当なのでしょうか。

男性に多いAGAと男性ホルモンはどう関わってくるのか、そのメカニズムも気になります。

薄毛の原因やメカニズムを知って、薄毛を予防したり、治したりすることができれば嬉しいですね。

薄毛の原因と男性ホルモンとの関係は?ジヒドロテストステロンって?

薄毛 原因 男性ホルモン

男性ホルモンが多いとハゲるというのを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

そもそも、男性ホルモンが多いというのはどういうことなのでしょうか?

イメージとしては、マッチョな人、女性好きな人、ギラギラしたエッチなオジサン、でしょうか。

この中で、ギラギラしたエッチなオジサンはハゲが多いというイメージもありますよね。

ここから男性ホルモンが多い人はハゲが多い(要するに薄毛になりやすい)というイメージになったのだと考えられます。

では、実際に男性ホルモンが薄毛と関係するのか検証していきますが、そもそも、男性ホルモンは1つではなく、いくつかの種類があります。

その中で、薄毛と関わってくるホルモンは何で、またどのように関わってくるのでしょうか。

薄毛と関係が深い男性ホルモンは、テストステロンとジヒドロテストステロンの2種類です。

この2種類の男性ホルモンが、男性に多いAGAの原因になっています。

まずテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結ばれ、ジヒドロテストステロンとなります。

そのジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結ばれると、TGF-β1ができます。

このTGF-β1が髪の生成を妨害することで、前頭部や頭頂部の髪が薄くなるのが、AGAです。

この男性ホルモン受容体があるのが前頭部や頭頂部の毛乳頭のため、AGAになると、この場所の髪の毛が薄くなります。

男性ホルモンのテストステロンが多いと薄毛になりやすいって本当?

男性ホルモン 多い 薄毛

まずは、下の動画をご覧ください。

スーパースカルプ発毛センター 上野店の吉岡えりこさんというインストラクターがテストステロンと薄毛の関係について解説しています。


AGAの原因といわれるジヒドロテストステロンの元になるのは、テストステロンです。

男性ホルモンのテストステロンは30代に入ると、年に1パーセントから2パーセント減ると言われています。

ジヒドロテストステロンの元になるのがテストステロンなら、テストステロンの量が多い場合、AGAになりやすいのでしょうか。

そうであれば、一番薄毛になりやすいのは、テストステロンの分泌量が多い20代くらいの若者のはずです。

ですが、20代で禿げている人はあまりいません。

理由として考えられるのは、若い時はテストステロンと5αリダクターゼとが結びつきにくいことです。

ジヒドロテストステロンが多いとAGAになりやすいけれど、テストステロンが多いからジヒドロテストステロンが増えやすいとはいえないのです。

つまり、男性ホルモンの量が多いから薄毛になるわけではないということです。

男性ホルモンが少なくなると薄毛になりやすい?その真実とは?

男性ホルモン 少ない 薄毛

薄毛が気になり始める人が多いのは、男性ホルモンが減少しはじめるといわれる30代くらいです。

ということは、男性ホルモンが少ないほうが、薄毛になりやすいのかという気がします。

この場合の男性ホルモンは、テストステロンのことを指しています。

そもそも、テストステロンという男性ホルモンがあるのに、なぜ体はわざわざジヒドロテストステロンという男性ホルモンを作り出すのでしょうか。

その全貌はまだ明らかにはなっていませんが、ジヒドロテストステロンはテストステロンよりも強力な男性ホルモンです。

テストステロンの分泌量が減り、その機能が衰えると、身体はそれを補うためにもっと強力な男性ホルモンを生み出そうとすると考えられます。

それが、抜け毛や薄毛の原因にもなっている、ジヒドロテストステロンなのです。

結論は、男性ホルモンのテストステロンが少なくなると、より強い男性ホルモンであり、薄毛の原因になるジヒドロテストステロンが増加するのです。

薄毛の原因は男性ホルモンと言われているけど実際には関係ない?

薄毛 男性ホルモン 関係ない

薄毛の原因は男性ホルモンというのは、正確には間違いです。

といっても、完全に関係ないとも言い切れません。

テストステロンは5αリダクターゼと結びつかなければ、ジヒドロテストステロンには変化しません。

ということは、5αリダクターゼが少ないか、テストステロンと結びつかなければ、AGAにはならないという理屈になります。

薄毛になりやすいのは男性ホルモンが多い人ではなく、5αリダクターゼが多く、テストステロンと結びつきやすい人ということです。

ただし5αリダクターゼ単独でも、AGAになることはありません。

結論は、男性ホルモンは薄毛の直接の原因ではないが、関係性はあるということになります。

5αリダクターゼの量や活性力は遺伝によるもので、後から5αリダクターゼを減らすことはできないそうです。

ただし、量が多くてもテストステロンと結びつかなければ、ジヒドロテストステロンにはならないので、これを阻止すれば薄毛を食い止められます。

テストステロンと5αリダクターゼが結合しにくくなる薬も開発されていますし、食品にも牡蠣などの効果が期待できるものがあります。

薄毛対策はどうしたらいいの?育毛剤または専門のクリニックが良い?

薄毛 対策 育毛剤 クリニック

前述したテストステロンと5αリダクターゼが結合しにくくなる薬というのは、プロペシアです。

プロペシアは商品名なので、成分名としてはフィナステリドになります。

フィナステリドという成分が含まれた育毛剤は、主に内服薬が一般的です。

内服薬として有名なのがプロペシアですが、日本でも皮膚科や専門のクリニックなどで処方薬として手に入れることが出来ます。

薬局などでは売られていませんが、海外の代行業者などから安い値段で手に入れることもできます。

プロペシアは医薬品ですから効果は認められるものの、副作用の心配があります。

副作用に不安のある方は、専門のクリニックなどへ行くとプロペシアを服用する以外にもいろいろな方法で薄毛対策を処方してくれます。

ただし、値段が高くなりますので、無料カウンセリングなどのあるクリニックへ行って相談すると良いでしょう。

医薬品ではなく、チャップアップのような医薬部外品も育毛剤としてお薦めです。

医薬部外品ですからほとんど副作用がありません。

効果は当然医薬品より劣りますが、サプリやその他のヘアケアと合わせると医薬部外品単体で対策するよりも高い効果が期待できます。

まとめ

薄毛と男性ホルモンの関係については、さまざまな情報が入り乱れ、混乱してしまいます。

上記の内容をまとめると、男性ホルモンのテストステロンが少なくなると薄毛になりやすい、というのが1つです。

男性ホルモンのジヒドロテストステロンが増えると、薄毛になりやすいというのも正解のようです。

男性ホルモンは薄毛と関係ないという説もありますが、少なくともAGAに関しては密接な関係があると考えていいようです。

タイトルとURLをコピーしました