いつもの食生活が薄毛の原因に?薄毛対策のための正しい食生活とは?

最近、抜け毛が増えて薄毛になってきたんじゃないかと悩んでいるアナタ!

「もしかしたらAGAかも?」と心配している人も多いのではないでしょうか?

薄毛の原因を知りたいと思っている人の中には、食生活が影響しているのではないかと考える人も多いことでしょう。

では、食事は薄毛の原因に、どう関わってくるのでしょうか。

人は食べないと死んでしまいますが、偏った食生活をしていると、体調不良を起こしやすくなります。

細胞を維持するためには、食べ物で外から栄養を補わなければなりませんが、これは髪も同じです。

薄毛の原因になる食生活とはどんなものなのか、それを防ぐためにはどんな食生活を送るのが正しいのかを知ることが、薄毛対策には必要です。

食事と薄毛の素敵な関係とは?栄養の摂り過ぎも薄毛の原因になる!?

薄毛と食生活は、おおいに関係があります。

なぜならば、髪の成分と、食事から摂取している栄養素が共通しているからで、その筆頭がタンパク質です。

髪の主成分はタンパク質で、人間は肉や大豆などの食品からタンパク質を摂取しています。

男性に多い薄毛のAGAを加速させる恐れのある、5αリダクターゼの働きを鈍らせるといわれる亜鉛も、食品から摂取できます。

この亜鉛の吸収力をアップさせるためには、ビタミンCを一緒に摂取するといいといわれ、これも通常、食事から摂取しています。

髪を作るのは栄養素で、栄養素は食事から摂らなければなりません。

十分な栄養素を摂ることは大切ですが、摂り過ぎも薄毛の原因になります。

バランスよく、程よい量の食事を規則正しく摂るのが、薄毛を遠ざけやすい食事です。

寝る前の食事は、ウシにならずに薄毛になりやすいって本当?

食べてすぐ寝ると牛になると、昔の人は言いましたが、今は、寝る前に食べるとハゲになるが新常識になっているようです。

寝る前の食事が薄毛の原因になりやすいのは、血液が消化に使われてしまうからです。

そうなると寝ている間に髪が作られる割合が、大幅に減ってしまいます。

肥満にもなりやすく、健康にも影響が出ます。

運動不足は健康にも良くありませんし、身体全体の血流も悪化します。

血流が悪化すれば抜け毛が増え、薄毛の原因となります。

太らないようにするにはダイエットも効果的ですが、無理なダイエットも薄毛の原因になるので、適度な運動を心がけるようにしましょう。

また、食事をする時間帯も重要です。

夜の10時から深夜の2時までは、ゴールデンタイムと呼ばれる成長ホルモンの分泌が多い時間帯です。

ゴールデンタイムは髪の成長にも関わるのですが、この時間に消化活動が行われていると、髪の分がなくなります。

できるだけ8時以降は食べないようにして、髪に栄養が行き渡るようにするのが、髪の為にはいいことです。

それでも、どうしても何か食べずにいられない時は、適量のヨーグルトを食べるのがおすすめです。

低カロリーで整腸作用も期待でき、手軽に食べられるという点でも向いています。

食事を変えたら薄毛は改善される?食生活の乱れが原因の薄毛に!

食事の仕方を変えて薄毛の症状が軽くなることは、十分にあり得ます。

なぜなら薄毛の原因の1つが、食生活の乱れだと考えられているからで、原因の1つをなくせば、結果は変わってくるはずです。

ラーメンなどの脂分が多いものを食べたり、同じようなコンビニ弁当ばかり食べていると栄養が偏り、薄毛になりやすくなります。

だとしたら、その逆をやれば、薄毛の改善も期待できるということになります。

外食しがちで、脂っこいものが多いと感じるようなら、ラーメンやファーストフードなどの油物を避けることです。

前述したように、食べる時間帯も薄毛の原因となりえますから、この時間を変えれば、抜け毛の原因と思われる要素が1つ減ります。

薄毛の改善が期待できる食事は、不足していると思われる栄養素を補える食材で、脂分の摂り過ぎに注意して調理し、午後8時前に食べる食事です。

何を食べたら良いの?髪の毛を作る薄毛に効果のある食事とは?

まず髪を作っている栄養素の、タンパク質を摂らなければいけません。

タンパク質といえばお肉ですが、カロリーが高く、摂りすぎると脂分が多くなり過ぎ、皮脂の過剰分泌にもつながります。

タンパク質を作るためには亜鉛が必要ですが、亜鉛が豊富といわれる牡蠣やレバーも、毎日食べるのはちょっと難しい食品です。

そこでおすすめなのが大豆製品ですが、特に納豆がおすすめです。

毎日食べても飽きにくいところも魅力ですし、なんといっても抜け毛を解消する成分が豊富です。

その上、大豆に含まれるイソフラボンには、AGAの原因となる酵素の5αリダクターゼが活動しにくくなる効果も期待できます。

その意味では、大豆が原料の味噌もありますが、味噌汁を飲むのも薄毛のケアに適しています。

具を工夫すれば、足りない栄養素を簡単に補うことができる、栄養補給のお助けアイテムでもあります。

納豆のほかには、ゴマも抜け毛や薄毛の解消に役立つ成分が豊富な、おすすめの食材です。

これも副菜やごはんにかけたり、和えたりして、簡単に毎日食べられるところが魅力です。

まとめ

健やかな髪を維持し、薄毛にならないようにするためには、食事がとても大切だということですね。

しっかり栄養素を摂ることは大事ですが、食べる時間など、それ以外にも気を付けなければいけないことがあります。

また栄養素の摂り過ぎも良くないので、腹八分目を心がけておくといいでしょう。

アルコールの摂り過ぎも、薄毛の原因になりますので、夕飯に晩酌が習慣なら、ちょっと量を加減してみましょう。

食生活を含めた生活習慣の乱れが薄毛の原因ですので、適度な運動やバランスのとれた食事、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました