頭皮がカサカサだと抜け毛が増えるって本当?対策法はあるの?

頭皮が乾燥してカサカサになると抜け毛が増えることがあります。

頭皮の乾燥は、フケやかゆみを伴い、環境が悪化した状態ですから髪に栄養が届かずに抜けやすくなるのです。

このページでは、頭皮のカサカサを解消するためのストレス解消法や保湿用クリーム、保湿用シャンプーなどの紹介をしています。

頭皮がカサカサして抜け毛が増えた!?原因はストレスって本当?

カサカサと乾燥した頭皮は抜け毛を増やすので、ヘアケア用品で正常肌に近づけることが大切です。

ヘアケアで解消できない場合はストレスが原因かもしれないので、日常的な不安・悩みは少しでも解消していきましょう。

寝不足が続くようだと心が疲れている可能性があります。

身体の疲れは休息をとることである程度解消されますが、心の疲れは原因を取り除くことが一番です。

ただ、仕事でのストレスなどは簡単に解消できるものでもありません。

趣味や好きなことに没頭したり温泉へ旅行に行くなど、日頃の悩みを一時でも忘れられるとリラックスできます。

また、マッサージやリラクゼーションサロンで癒しを受けるのも良いでしょう。

疲れた肉体をほぐしていくことで、心も軽くなるのが実感できるはずです。

怒りっぽい方は老けやすいと言われますが、これは肌老化が急激に進行するためです。

カサカサ頭皮を予防するためには、ストレス対策をして心と身体のバランスを調整していく必要があります。

ホルモンバランスの乱れ、新陳代謝の崩れなども肌乾燥を招きますから、放置しておくと抜け毛を増やすことになります。

マッサージをしたときに皮膚が硬いと感じたら、血行が悪くなっている可能性大です。

イライラは血行不良を招きますから、リラクゼーションを意識した生活が大切となります。

頭皮のカサカサが治らない?改善するにはどうしたら良いの?

頭皮がカサカサした状態は、重度の乾燥によってフケを招くことがあります。

オイリー肌の場合もフケが発生することはありますが、ベタッとした感触があるのが特徴です。

乾燥肌のフケはサラサラしており、爪で引っ掻くと粉のように落ちていきます。

カサカサは放置しても治らないので、シャンプーを変えるなどの対策が必要です。

低刺激シャンプーは適度に油分を残すことで、乾燥を予防することができます。

室内の温度・湿度は適切に調整し、空気が乾燥しないようにしてください。

生活の乱れによって頭皮が乾燥してしまうケースもあり、寝不足やストレス、無理なダイエットなどはよくありません。

無理をする行為はすべて身体に負担となるので、運動する方も適度に抑えておきましょう。

無理は身体にストレスを与えてしまい、心身のバランスを崩すことになります。

治らない乾燥を改善させるためには、原因と思われる習慣を一つずつ解消していくことが大切です。

パーマやカラーリングも刺激となるので、可能ならばやめるのが好ましいです。

頭皮のカサカサはクリームで改善できる?オススメのクリームは?

乾燥した頭皮をケアするには、保湿用のクリームがおすすめです。

顔に使用できるタイプには頭皮対応の商品があります。

油分を含んでいるので化粧水や育毛剤と比べても保湿力が長く続いてくれます。

しっとりした感触によってカサカサを改善して、かゆみ・フケを抑えてくれるはずです。

マッサージするように塗りこむことで、血行をよくすることが可能です。

医薬部外品のクリームは実感しやすく、マッサージと併用することで適度な温かさを感じられるでしょう。

慢性的な乾燥の状態をそのままにすると、常に乾燥しやすい肌質に変わってしまいます。

育毛剤でも保湿はできますが、リキッドタイプはすぐに蒸発してしまいます。

乾燥は抜け毛の原因になりますし、衣服に付着するフケを増やすことにもなるでしょう。

洗髪の頻度は1日1回が好ましく、2回以上洗っている方は乾燥しやすいので注意してください。

医薬部外品なら薬効成分が潤いを与えて、慢性的なカサカサを改善してくれます。

頭皮のカサカサが気になる人にオススメの保湿用シャンプーとは?

保湿用シャンプーでオススメしたいものは、天然素材由来のアミノ酸系です。

植物性オイルが頭皮に潤いを与えて乾燥を予防してくれるでしょう。

カサカサを放置すると抜け毛が目立つようになるので、週に1~2回は頭皮チェックをしてみるといいです。

指で触るだけでチェックができるので、サロンや美容院で受ける必要はありません。

植物性オイルを配合したシャンプーはさらっとした洗い心地があり、皮膚の突っ張りを解消してくれるはずです。

保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンを配合したタイプは、ふっくらした肌質に変えてくれます。

十分に水分を抱えた状態は乾燥に強く、潤いを保持して弾力性を維持できます。

シリコン配合タイプもさらっとした感触に仕上げてくれますが、敏感肌の方はダメージを受ける可能性があるので注意してください。

添加物の配合は少ないほどよく、長期で使用する場合は大きな差となります。

カサカサを予防して元気な育毛環境を維持するためにも、自分に合ったヘアケア用品をオススメします。

頭皮のカサカサが抜け毛の原因に?市販の薬でも頭皮の乾燥を防げるの?

頭皮用の市販薬は少ないので、ドラッグストアで探すのは苦労するかもしれません。

抗ヒスタミン系の外用薬、ステロイド薬などは皮膚疾患の解消に使えるので頭皮にも効果的ですが、敏感な部位なので使用に際しては注意してください。

重度のカサカサに悩んでいる方は一時的な使用に留めておき、ある程度よくなったらヘアケア用品に切り替えるのがおすすめです。

市販薬は対症療法として症状自体を解消させますが、原因を取り除くものではありません。

カサカサの原因は乱れた生活にあるケースが多く、健康生活に変えていくことも重要です。

抜け毛が増えている状態は正常ではないので、シャンプーや育毛剤で効果を実感できない場合は医薬品による対策をおすすめします。

短期間で抜け毛を減少させ、あとはシャンプーや育毛剤で現状維持をさせましょう。

育毛剤は作用が緩やかなので、副作用が発生することは少ないです。

正常肌を維持させることで乾燥対策ができるので、乾燥ケアとしても育毛剤をおすすめします。

まとめ

頭皮の乾燥は、生活習慣を見直すことで解消されます。

ストレスを解消したり、寝不足や食生活の乱れを解消することで、頭皮の環境を良くすることが出来ます。

それでもカサカサが治らない場合は、保湿用クリームやアミノ酸系の保湿シャンプーを使うと良いでしょう。

また、副作用のほとんどない医薬部外品の育毛剤を使用するのも効果的です。

タイトルとURLをコピーしました