リゾゲインとその他の育毛剤を比較!オススメなのはどっち?

リゾゲインは実感できる育毛剤を目指しており、ライバルと比較してもオススメという意見が多いです。

頭皮老化にアプローチして健全にすることで、育毛を促進させることができます。

私たちは頭皮の老化を実感することが少ないですが、これは目視で確認が難しいこと、肌のようにシワ・シミなどが発生しないことが大きな理由です。

育毛ケアは1日でも早いほど効果的なので、今すぐにケアを始めてください。

薄毛が気になる方はもちろん、まだ薄くなっていない方にもおすすめします。

育毛は発毛よりも予防対策の意味合いが強く、将来の髪を守るためにも若いうちから始めるのが得策です。

リゾゲインとチャップアップの効果や価格、評判を徹底比較!

リゾゲインは頭皮の老化を予防するためのスカルプブースター、12種類の漢方素材を使用したヘアエッセンスが用意されています。

価格はスカルプブースターが4800円、ヘアエッセンスが5800円となり、セット購入だと9800円とお得になります。

さらに定期購入だと単品が20%OFFとなり、それぞれ3840円と4640円です。

セット購入の定期購入だと40%OFFの5880円で始められます。

頭皮ローションと育毛剤を併用して月々5880円はかなりお得で、育毛アイテムの中で最安値クラスと考えてよいです。

一方チャップアップはモンド・セレクション金賞受賞の育毛剤で、ネット通販限定の育毛剤としてはトップラスの人気があります。

ローション1本定期便は7400円となり、おすすめの支払い方法はクレジットカードとNP後払いです。

代引きだと8480円となるので、特別な理由がなければ代引きはおすすめできません。

育毛ローションとチャップアップシャンプーとのセットだと、定期便で8880円で購入できます。

ローション1本の場合と比較して1480円しか違わないので、セットで購入するのがおすすめです。

育毛剤として比較するとリゾゲインのほうがお得感がありますが、育毛シャンプーも併用したい方にはチャップアップも捨てがたいです。

評判はいずれもよいので、使い比べてみるのが得策と言えるでしょう。

リゾゲインとリアップの効果や価格、評判を徹底比較!

リゾゲインは頭皮の老化を予防しつつ、育毛しやすい環境に整えてくれるのが特徴です。

ヘアエッセンスには12種類の漢方素材が含まれており、男性ホルモンの作用を調整することで薄毛を予防してくれます。

医薬部外品の育毛剤なので副作用がほとんどないのもメリットです。

効果は医薬品には劣ってしまいますが、副作用がないので予防対策として使用できます。

薄毛のリスクは年齢に比例して高くなるのは間違いありません。

20代のころはまったく問題がなくても、30代から抜け毛が増える方は多いです。

抜け毛の本数を正常な範囲に維持するためにも、予防対策は20代から始めましょう。

一方リアップは第一類医薬品の発毛剤で、日本で効果効能を明記できる唯一の商品です。

リゾゲインより効果は高いですが、第一類医薬品のため副作用が発生する可能性があります。

通販やドラッグストアで気軽に購入できる発毛剤とは異なり、薬剤師の許可を得ないと購入はできません。

リアップの価格は120mlは9500円、60mlは5500円となります。

120mlで2ヶ月分となり、ひと月の価格は4,750円です。

リゾゲインは頭皮ローションと育毛剤を併用して、定期コースで5880円となります。

育毛剤単体の料金を比較すると大きな差はありませんが、ローションと育毛剤を併用するならリアップよりリゾゲインの方がお得感があります。

リゾゲインとプロペシアの効果や価格、評判を徹底比較!

リゾゲインはプロペシアはまったく異なる性質があり、リゾゲインは抜け毛を予防して頭皮を元気にするのが目的ですが、プロペシアは男性ホルモンを抑制してAGAを予防する役割があります。

一般的に育毛剤は血行を促進したり頭皮に栄養を与えたりして発毛を促進しますが、プロペシアは5αリダクターゼという脱毛酵素の働きを阻害することで髪を元気にします。

両者はまったく異なる作用があり、併用されることが多いです。

リゾゲインは育毛エッセンスのみだと、定期便で月額4640円とかなり安いです。

これに対してプロペシアの費用はクリニックにより大きな違いがあり、4000円台~9000円台くらいの差があります。

経口薬になるため医師の処方が必須となり、ドラッグストアでは販売していません。

男性型脱毛症に作用するのが特徴で、女性が服用することは禁止されています。

男性の薄毛のほとんどはAGAであり、男性ホルモンが影響しています。

一般的な育毛剤を使用しても改善しない場合は、5αリダクターゼが関係していると考えられます。

リゾゲインは医薬部外品なので、他の育毛剤と併用しても問題ありません。

医薬品と比較して効果は弱くなりますが、副作用がほとんどないのは大きなメリットです。

まとめ

リゾゲインは医薬部外品で副作用のリスクが弱く、毎日使用できるのがメリットです。

他の育毛剤と比較してコスパがよく、予防対策としてもオススメです。

育毛環境を整えることで抜け毛を減少させて、髪を毛根から元気にしてくれます。

頭皮の老化を予防しつつ12種類の漢方成分が男性ホルモンの過剰分泌を抑制してくれるわけです。

AGAの原因のほとんどは男性ホルモンにあるため、これをいかに抑制するかが重要です。

プロペシアにも男性ホルモンを抑制する作用がありますが、医師の処方薬なので実店舗で入手することはできません。

タイトルとURLをコピーしました