プロペシアの副作用っていつから?どのくらいの確率で発生するの?

飲む育毛剤と言われ薄毛に悩む男性に人気のプロペシアですが、さまざまな副作用が懸念されているのも事実です。

プロペシアを服用すると、いつからどのような症状が現れるのでしょうか?また、どのくらいの確率で服作用が発生するのでしょうか。

ここではプロペシアの服作用がいつからどのくらいの確率で発生するのか、また、副作用が起こる原因や対策についてご紹介しましょう。

プロペシアの副作用は、いつからどのような症状が現れるの?

プロペシアは効果が期待できる反面、副作用の心配もあります。

一般に知られている副作用は、性欲減退や勃起不全などの男性機能の低下や肝機能障害があります。

ところで、プロペシアの副作用はいつから発生するのか気になりますよね。

男性機能の低下は、飲み始めてすぐに発生することがあります。

しかし、「プロペシアを飲むと男性機能が低下するのでは?」と思ってしまうことで暗示効果によって症状が現れる(男性機能が低下する)こともありますので、あまり心配しない方が良いでしょう。

基本的には年齢とともに低下するわけですし、体調によって左右することもありますからプロペシアだけが原因とは考えられません。

男性機能の低下が気になるなら初めから飲まない方が良いです。

また、肝機能障害についてもすぐに影響が出ることもあります。

しかし、症状として現れにくいので、検査をして初めて気が付く場合がほとんどです。

そして、プロペシアだけが原因とは限らないので、普段の生活(食生活を含む)を見直したうえで、さらに結果が悪ければ服用を止めましょう。

定期的に検査をして医師にも相談してくださいね。

プロペシアの副作用、特に男性機能の低下はどのくらいの確率なのか?

プロペシアには男性機能の低下を始め、抑うつや肝機能への負担などの副作用が懸念されています。

特に男性機能の低下という副作用に関しては、プロペシアの添付文書にも載っています。

プロペシアの副作用の中でも最も懸念されるのが男性機能の低下と言えそうです。

ただ、服用した人全員が副作用を経験するわけではありません。

ではプロペシアの副作用はどのくらいの確率で発生するのでしょうか。

性的衝動の低下については1%から5%、勃起機能不全や射精障害などについては1%未満とされています。

これはプロペシアの添付文章に記載されています。

プロペシアの副作用に関してはさまざまなデータもあります。

プラセボを使用した実験では、実際にプロペシアを服用した人とプラセボを飲んだ人とではほとんど変わりがなかったことも分かっています。

性欲減退や勃起機能低下などを調べる実験では、プロペシアを服用した人の方が発生確率は高かったものの、プラセボを飲んだ人もほとんど変わらない確率で発生しています。

性欲減退に関してはプロペシアが1.8%の確率で、プラセボは1.3%の確率となっています。

これらのデータからではプロペシアの男性機能の低下の副作用はあまり心配しなくても良いと言えそうです

肝臓への副作用に関しては、男性機能低下の副作用よりもかなり低いと言われています。
抑うつの副作用の発生確率は不明です。

あまり知られていませんが、意外と多いのが胃腸障害の副作用です。

特にプロペシアの飲み始めには胃腸のトラブルが見られる人が多いようですから胃腸が弱い人は注意しましょう。

プロペシアの副作用は何が原因で発生する?男性ホルモンとの関係は?

プロペシアには、脱毛遺伝子と言われるDHTを抑制する働きがあります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが酵素の働きで生成されるのがDHTで、これが薄毛を招く要因となっています。

しかしこのDHTは、胎児の男性性器の健やかな成長のための重要な働きを担っています。

また、男性としての機能を保つためにも働いています。

反面、薄毛やニキビ、体毛の増加をもたらすものでもあります。

つまり男性特有の特徴をもたらしているのがDHTなのです。

プロペシアはこのDHTを抑制する働きがあるのですから、薄毛の改善が期待できると同時に他の作用も見られるのは当然のことです。

男性機能低下の副作用が懸念されるのは、男性機能を保つ働きがあるDHTが減ってしまうからです。

DHTにはやる気を高めたりする働きもあるので、これが減少するプロペシアを飲めば抑うつ状態の副作用も考えられます。

またプロペシアには、気分をポジティブにして活発にしてくれる働きがある神経活性ステロイドと言われる物質も抑制してしまいます。

これらがプロペシアの抑うつの副作用の原因となっています。

肝機能についての副作用は、プロペシアに関わらずどんな薬でも考えられます。

プロペシアは肝臓で代謝されるので肝臓へ負担がかかりますが、これはプロペシアだけでなく他の薬でも、またアルコールも肝臓への負担が大きいです。

普段からお酒を飲んでいる人は、プロペシアの服用でさらに肝臓への負担が大きくなるので注意しましょう。

プロペシアの副作用って治るの?まずは、服用を止めることが大切!

プロペシアにはさまざまな副作用がありますが、特に注意したいのが性欲減退や勃起機能の低下などの男性機能の低下です。

これらの副作用については服用を中止すれば改善されると言われていますが、中止後にもしばらく副作用が続くことがあります。

これはポストフィナステリド症候群と言われており、プロペシアの服用を中止しても副作用が続く状態のことです。

ポストフィナステリド症候群が発生する原因や発生率は分かっていませんが、男性機能低下の副作用が続くケースが多いようです。

中には服用を中止してから3年経っても副作用が続いたというケースもあります。

もしもプロペシアを飲み始めて男性機能に問題が発生した場合には、早めに医師に相談した方が良いでしょう。

プロペシアの副作用は、服用を止めても治らなかったらクリニックへ

プロペシアを服用して副作用が出たら、まず服用を止めることが大切です。

止めても症状が続くようならポストフィナステリド症候群かも知れませんし、加齢や生活習慣などが影響しているのかも知れません。

いずれにしても副作用が出たら専門医に相談してみましょう。

クリニックで相談すればED治療薬などを処方してもらうこともできます

プロペシアの副作用が心配なら対策法が整っているクリニックが安心

プロペシアには副作用のリスクが伴うので、やはり少しでも安全に安心して利用するためには専門のクリニックで処方してもらうのがおすすめです。

プロペシアはネット通販からでも購入できますが、副作用が起こった場合の対処に困ります。

専門のクリニックなら事前にカウンセリングや検査も行った上でプロペシアを処方してもらえます。

万が一の副作用への対策も行っているので安心です。

ネットから購入するよりも値段が高いですが、専門医と相談しながら安全にプロペシアを服用できるのでおすすめです。

まとめ

プロペシアは薄毛治療への効果が期待できる分、副作用のリスクがどうしてもあります。

安全に利用するためにも専門のクリニックに相談して処方してもらうのがおすすめになります。

タイトルとURLをコピーしました