【AGA治療薬】プロペシアとミノキシジルの併用っておすすめなの?

医療機関でAGA治療を受けるときは、かなりの確率でプロペシアとミノキシジルの併用をします。

この方法はAGA治療の鉄板となっており、費用を抑えつつ発毛効果が期待できるのです。

AGA治療薬には健康保険は適用されませんが、料金はそれほど高額ではありません。

医療機関で処方される発毛剤は、市販のそれよりも安価に設定されていることが多いです。

薄毛は放置しておくと進行するだけなので、早めの治療をおすすめします。

早期の治療をすることによって抜け毛を抑え、今よりも髪が減ることを抑えてくれます。

今ある髪を守ることが薄毛治療の始まりとなるわけです。

プロペシアとミノキシジルを実際に併用している人の評判とは?

プロペシアとミノキシジルは併用するのが好ましく、2つの側面から発毛を促進できます。

実際に併用している方の評判を見ると、抜け毛が減少したり髪質が変わったりしたと答えています。

ミノキシジルは薬局でも購入できる発毛成分で、血管を拡張することで毛根を元気にするものです。

毛根に届けられる血液が髪を成長させますが、その理由は血液に栄養素が含まれているためです。

そのため血液循環を常に良好にしておくことが発毛対策として重要となります。

血液がドロドロになると薄毛リスクが高まると言われていますが、これは決して嘘ではありません。

プロペシアは発毛を促進するよりも、抜け毛を予防するメリットのほうが大きいです。

男性ホルモンの分泌を抑えてくれるので、AGAの対策として効果的です。

AGAになると前頭部・てっぺんから薄くなってくるので、すぐに気づくことができます。

プロペシアとミノキシジルを併用している方は、薄毛の部分が少しずつ濃くなってきたと答えています。

髪は急激に太くなることはなく、毎日少しずつ濃くなっていくのです。

そのため毎日のチェックで気づくことは難しいですが、3ヶ月や半年などのスパンで比較するとハッキリとわかります。

プロペシアとミノキシジルの併用ってどうなの?知恵袋で聞いてみた

プロペシアとミノキシジルの併用について知恵袋で聞いてみると、用量によっても効き目は変わってくるとあります。

これらの治療薬はAGA対策に効果的ですが、用量が少ないと効果を発揮できない可能性があります。

試しにクリニックを変えて用量を増やしてもらったら、はっきりと発毛が期待できたという声があるほどです。

治療薬にはその人にとっての適量があるので、少量だと効かないケースはあります。

男性ホルモンの分泌量や血流状態、体質などが大きく関係してきます。

あとは効果を発揮するためには少なくとも数ヵ月は治療が必要なので、1~2ヶ月でやめてしまうと意味がありません。

AGA治療の基本はプロペシアとミノキシジルの併用で、低コストで発毛が期待できる方法として有名です。

最初はこの治療方法から始める方が多く、かなりの方が効果を実感しています。

昔はAGAになると治ることはないと言われていましたが、現在は発毛が期待できる時代なのです。

知恵袋の質問を見ても、プロペシアとミノキシジルを併用している方が多いことがわかります。

育毛サプリや市販の育毛剤を使用してまったく変化がなかった方も、髪が増えたと話しています。

薄毛は進行するほど改善に時間がかかるので、早めの治療をしてください。

プロペシアとミノキシジルを併用している人の2chでの評判は?

2chでもプロペシアとミノキシジルの併用は高い評価があり、発毛対策の鉄板となっています。

男性が薄毛になるメカニズムの多くは男性ホルモンの過剰分泌、そして血行不良にあります。

この2つの症状をまとめて解消できるのがプロペシアとミノキシジルの併用で、後者は薬局で購入するよりも安いほどです。

医師が適量を考慮して処方してくれるのも評判が良く、自分にとって最適な用量がわかります。

治療薬は適量を使用するのがコツで、少なすぎても多すぎてもいけません。

少なすぎると発毛効果を期待できませんし、多すぎると副作用が強く出ることがあります。

薄毛に悩んでいる男性が多いことは、2chの評判を見てもわかります。

成人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいると言われていますが、実際はもっと多いと言われているのです。

薄毛対策は早ければ早いほどよく、薬物治療の効果もより早く実感できます。

治療が遅れてしまうと発毛に数年を要することもあるので、薄くなった時点で対策をしてください。

市販の育毛剤の効果を実感できなくなったら、プロペシアとミノキシジルを併用する治療法がおすすめです。

男性の薄毛のほとんどはAGAなので、この2つの組み合わせは最適と言えるでしょう。

まとめ

プロペシアとミノキシジルの併用をすれば、髪を復活させられる場合が多いです。

原因の特定が難しい薄毛もありますが、男性の場合はほとんどがAGAです。

男性型脱毛症を解消するには男性ホルモンを抑えることが鍵となるので、2つの薬剤の組み合わせがオススメと言えます。

薄毛対策をまとめると、男性ホルモンを抑えること、そして血流を促進して毛根を元気にすることです。

市販の育毛剤の効果が期待できない場合は、セルフケアで対処できる段階ではありません。

すぐに医療機関の薬物療法に乗り換えて、抜け毛を止めつつ髪質を強化していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました