育毛剤を個人輸入や代行業者から購入したいんだけど危険ですか?

育毛剤は国内でももちろん販売していますが、海外から個人購入することも理屈としては可能です。

その場合は国内とは事情がまったく異なりますので、信頼できる薬局を選ばないと、偽物をつかまされてしまうおそれがあります。

医薬品や医薬部外品に該当するものは価格がもともと高いため、その分だけ偽物も多く、なかには健康を害してしまう危険性を持っているものさえあります。

そこで通常は海外の薬局と直接ではなく、個人輸入代行の会社を通して取引をします。

この場合も結局は自己責任となってしまいますので、やはり信頼できる会社かどうかがキーになってきます。

事前にしっかりとした情報を把握しておくことが不可欠といえます。

育毛剤を個人輸入や代行業者から購入するメリットってありますか?

育毛剤をみずから個人輸入したり、または個人輸入代行の会社を通して購入する場合には、国内とは違ったメリットがいくつか存在しています。

たとえば国内の場合は種類が少ない上に、場合によっては医師の処方箋が必要になってくることがあります。

医師の処方箋が必要な医薬品は、国内の一般的な薬局やドラッグストアの店頭で販売している製品と比較すると成分に特徴があります。

逆にそれがもとで、手に入れるまでに受診の手間や高額な料金といった負担がかかってしまいます。

ときには在庫がなくて待たされてしまうことさえあります。

海外の場合にはそうした制約がないことが多く、しかも世界のさまざまな顧客を相手にしていますので、種類が豊富なところも魅力です。

海外製品は体格が日本人よりも大きな欧米人を対象として製造されていることもあるため、容量が特大サイズなのに価格が安いといった事例もよく見られるところです。

実際に取引をする上での難しさは、注文にあたって日本語が使えないところですが、これも代行サービスを使えば解消することも可能です。

代行経由の場合には一般にはホームページなどもすべて日本語で書かれていますので、いちいち翻訳をする必要もありません。

個人輸入で育毛剤を購入するのにオオサカ堂はオススメですか?

個人輸入で育毛剤を購入する場合には、オオサカ堂などはこの分野でも有名でオススメの存在といえます。

実際には公式ホームページを見てサービスの内容や注文の手続きのしかたなどをよく確かめてみるのがよいでしょう。

オオサカ堂は海外からの個人輸入を代行するサービスでは草分けともいえる存在です。

すでに20年以上の実績がありますので、海外との取引をする際にありがちなトラブルへの適切な対応が期待できますし、育毛剤に限らず取り扱う品目も多くなっています。

価格的にもやはり海外だけに安価になっており、すべて日本語を通して取引をすることもできるのは大きなメリットです。

オオサカ堂の場合は会員登録を事前に済ませておくことによって、利用するたびごとにグレードが上がる制度も導入されています。

グレードが上がればさらに割引が適用された価格で購入することができますので、その意味でも長く使うメリットがあります。

決済の方法のなかでもクレジットカードを使う方法が用意されていますので、自宅にいながらにしてインターネットの操作だけで購入の手続きができます。

まったくの個人が海外の薬局と一からやり取りをするよりも、かなり便利で手軽なものとなっています。

海外製の育毛剤はやっぱり危険?専門の医師に相談した方が良い?

海外製の育毛剤のなかには、さきにも触れたように偽物が含まれているおそれがあるほか、体質的に合わないこともあり、こうした面での危険性があることは確かです。

偽物については信頼できるルートからの入手という以外にはなかなか防ぎようがありません。

ただしインターネット上には過去に存在した偽物の見分け方や実際の被害などについて警鐘を鳴らす意味で書かれた記事なども多くなっています。

こうしたものを事前に参考にする必要があります。

その上で体質的な問題についてですが、これは製品そのものは正規品であったとしても発生し得るものといえます。

特に外国人向けに成分が多めになっている海外製品の場合には、小柄な日本人にとっては過剰となるおそれがあります。

ほかにも育毛とはいっても薄毛の原因に応じて使用する医薬品は異なるのが当たり前ですので、素人ではあやまった選択をしてしまうことも考えられます。

個人輸入は代行経由の場合も含めて、あくまでも自己責任となってしまいます。

少なくとも原因が何かを明らかにする目的で医師に相談して診察を受けておくことが適切です。

また製品の使用によって肌やその他の部位のトラブルが生じた際にも、やはり専門家の医師に相談することが大切です。

まとめ

海外製品の育毛剤を購入する場合には、外国語の使用にともなう取引上のハードルを下げたり、相手方の薬局の信頼性を担保するために、個人輸入代行の会社を経由するのが一般的です。

その場合もやはり実績がある会社を選ぶことが必要になります。

この分野では偽物が横行していたり、体質的に合わない製品をあやまって入手してしまう危険性もあります。

国内とは違ってそのような場合でもすべて自己責任になってしまいます。

たとえば薄毛の原因を確かめるために医師の診察を事前に受けておいたり、製品トラブルがあって場合にはすみやかに専門の医師に相談するといった対応が必要になることもあります。

タイトルとURLをコピーしました