プランテルってAGA対策に効果があるの?成分を検証してみた!

通常、育毛剤は頭髪全体の薄毛への効能を謳っていますが、プランテルはM字禿げに特化しているのが最大の特徴です。

生え際の後退に悩んでいる男性を中心としてとくに注目を集めています。

主としてM字の育毛や抜け毛を防ぐ働きが期待されていますが、実際のところ、agaに本当に効くのでしょうか。

また、安全性や副作用、女性の薄毛にも効くのかといったところも気になります。

そこで配合されている成分を分析し、どのような効果が期待できるのか検証してみました。

プランテルで髪の毛は生えない?育毛効果が期待できる成分はナニ?

プランテルに配合されている成分は、効果の側面から、抜け毛予防・頭皮ケア・育毛効果の三つに分けることができます。

抜け毛予防の働きが期待されているのはヒオウギ抽出液とビワ葉エキス。

男性の抜け毛が進行するのは、強力な男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの作用によるものです。

このふたつのエキスはその男性ホルモンの生成を抑制するとされています。

頭皮ケアには有効成分グリチルリチン酸2Kをはじめ、シナノキエキス、ヒキオコシエキス・プロビタミンB5を配合。

根が太く抜けにくい健康な髪を育ててるために、頭皮環境を整えることはとても大切です。

炎症やフケ、かゆみを抑えて頭皮の状態を整える働きが期待できます。

発毛・育毛効果にはセンブリエキス・セファラチン・ボタンエキスを配合。

今ある髪をしっかり育てます。

また、パラベンや鉱物油、合成香料や着色料は使用していませんので、炎症を起こしやすいデリケートな肌の人でも安心して使えるでしょう。

プランテルは特に薄毛が初期の段階で、今ある髪の毛を健やかに育てたいという男性に向いてます。

かなり進行した脱毛症の場合は、髪の毛が期待したほど生えないということもありえますので、その場合は、別の対処も必要となるでしょう。

プランテルの安全性|医薬部外品だから副作用がないって本当?

一般的にスキンケア関連の用品は、薬事法により医薬品や医薬部外品、化粧品などに分類されます。

医薬品の場合、病気の治療を行う薬であり、厚生労働省により医薬効果が認められています。

薬ですので症状に対してより高い効果が期待できる反面、副作用の心配もあります。

医薬部外品は、医薬品ほどの効果は認められないものの、一定の効果や効能が認められる成分が一定量以上配合されているものを指します。

効果が緩やかなため、副作用が起こる心配も低いとされています。

育毛剤の中にも医薬品は存在しますが、購入の際は医師や薬剤師の処方や指導が必要です。

プランテルは、処方せん無しで購入可能で、センブリエキスやグリチルリチン酸2Kなどの有効成分が配合された医薬部外品。

パラベンや鉱物油など肌への刺激となりやすい成分は無添加にこだわっています。

そのため、副作用が起きるリスクは低く、数多くある育毛お剤の中でも安全性は高いといえるでしょう。

どのようなスキンケアアイテムであっても絶対的に安全というものはなく、肌に合う合わないはありますので、その点は理解して使用する必要があります。

しかし、プランテルが比較的安心して使用できる育毛剤であることに変わりはありません。

プランテルって女性でも効果は期待できる?成分から検証してみた!

男性の薄毛の原因は、大半が男性ホルモン・ジヒドロテストステロンが頭皮に存在する5aリダクターゼと結びつき、5a-DHTとなって脱毛因子に働きかけることによるもの。

しかし女性の場合は、薄毛になるには複数の原因があります。

たとえば分娩後脱毛症は産後のホルモンバランスの崩れによる一時的な脱毛です。

また無理なダイエットによる栄養不足、ストレスによるホルモンバランスの乱れなどでも薄毛が起こることもあります。

プランテルには、センブリエキスやセファラチン、グリチルリチン酸2Kなど頭皮環境をケアし髪を健康にする成分が多数配合されているため、上記のような原因で起きる薄毛であっても一定の効果は期待できるでしょう。

しかし特に効果が期待できるのが、男性ホルモンの影響で起こる脱毛症のFAGAの改善です。

女性でも加齢などの要因に伴って女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンの比率が高くなります。

すると過多となった男性ホルモンが影響して、脱毛症が起こることがあります。

これがFAGAですが、プランテルは男性ホルモンの働きを抑制しますので、改善効果が期待できるのです。

男性用のイメージが強いプランテルですが、男女関係なく使うことができます。

まとめ

男性の薄毛でよく見られるのがagaと呼ばれる脱毛症です。

これは男性ホルモン・テストステロンが頭皮に存在する5aリダクダーゼと結びついて変性し、毛の元になる毛乳頭や毛母細胞に「髪を抜け」と指令を出すことで起こります。

生え際がM字に後退したり、頭頂部が薄くなるのが最大の特徴です。

プランテルの働きをまとめると、センブリエキスやセファラチン、グリチルリチン酸2Kなどの成分がテストテロンの働きを抑制したうえで頭皮の環境を整え毛生を促進するというもの。

M字禿げの進行を抑えて改善するのに、高い効果が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました