オナニーすると髪の毛はどうなるのか?気になる抜け毛との関係は?



インターネットに流れている情報は、嘘か本当かわからないものがありますが、オナニーと髪の毛(抜け毛)との関係もいろいろな噂が流れています。

「オナ禁で直毛になった」「オナニーで抜け毛が増えた」「オナニーで髪の毛が伸びない」「逆にオナニーで髪の毛が伸びた」「オナニーで毛が濃くなった」など全く逆のことを言っていてどれが本当の情報なのかよくわかりませんよね。

これからオナニーと髪の毛に関する情報を紹介していきます。

オナニーとくせ毛の関係を徹底解明!オナ禁で直毛になるって本当?

生理的なものとして男性はオナニーをしますが、その回数は個人や年齢によってさまざまです。

一方で、オナニーを禁止することによってくせ毛が改善されたという話がインターネットを中心に上がっており、オナ禁をすることによって直毛へと改善させることができるとされています。

もともとくせ毛がある人は、髪の毛の断面がその他の人よりもひし型よりであったりなどしますが、それに加えて男性ホルモンとの関係も指摘されています。

自慰行為をすると男性ホルモンが刺激され、急激に増えるということはないものの、髪の毛にも少なからず影響があるという関係性が明らかになっています。

そのため、オナ禁をすることによって男性ホルモンの刺激が抑えられ、その影響が髪の毛に行き届く栄養やホルモンにも反映されるため、くせのある毛が改善されるということにつながります。

効果が実感できるとされている禁止期間は約1週間から2週間とされているため、ある程度我慢する必要があります。

オナニーすると抜け毛が増えるって本当?改善する方法ってあるの?

オナニーをすると抜け毛が増えるという情報は多くのインターネットサイトや記事などで取り上げられています。

オナニーを継続してすると男性ホルモンが刺激され、そのため髪の毛にも影響が出るという関係性は確度の高いものとして知られています。

実際に腕や足の毛が多い人は男性ホルモンの分泌が多く、割合では頭髪の薄さではそのような男性ホルモンの分泌が多い人が多いという結果になっています。

実質的な効果を期待できる改善策は、1日のうちに何度も自慰行為をしないということが最もお金をかけずにできる方法になります。

男性ホルモンの分泌を抑えることによって、髪の毛に届く栄養をしっかりと確保し、生え変わりや休止期間などの髪の毛の周期のバランスを整えさせることができます。

この周期は個人によって多少異なりますが、ホルモンの刺激を抑えることによって安定するというのは確実で、1日に何度も自慰行為をするというのを控えるようにしてみましょう。

オナニーすると髪が伸びないって本当?オナニーと薄毛との関係は?

オナニーをすると髪が伸びないということもあらゆる情報とともに載っている話題となっています。

自慰行為をすることによって髪が伸びないだけでなく、薄毛にもなるという点においては、男性ホルモンが刺激されるという点と同時に、射精によって体内の亜鉛が減少するということからも確認されています。

亜鉛は髪の毛の栄養として必要不可欠な成分で、成人男性では1日約15mg程度の摂取が理想的とされています。

反面、オナニーによる亜鉛の減少は数mgとされており、回数をこなすと1日の摂取量を超えてしまい、髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなります。

そのため、自慰行為をして射精をする回数が多い人は、髪の毛が伸びづらくなったり、将来的に薄毛になりやすくなったりと多少なりとも影響が出るということで知られています。

一方で、亜鉛は日常的な食事では摂取が難しい成分とされており、理想的な1日の摂取量である15mgを確保するためにサプリメントなどが開発されています。

育毛サプリの中でも楽天ランキングでも1位になるくらい多くの人が飲んでいる、「育毛サプリ【BOSTON】」なら亜鉛不足を解消してくれるだけでなく、イソフラボンやノコギリヤシなどの髪の毛に良いと言われている成分も補うことが出来ます。

1日たった3粒飲むだけで「おでこが広くなった・・・」「抜け毛が気になる」「薄毛を見られるのがイヤ」などと言った悩みを解消してくれることでしょう。

AGAクリニックでも使用されているサプリですし、45日間の返金保証もあり、万が一合わない場合も損をすることがないので安心ですね。

今すぐ「育毛サプリ【BOSTON】」を確認する

オナニーすると髪が伸びるって本当?伸びるのが遅くなったと感じたら

オナニーをすると髪が伸びるという、薄毛になるという話や伸びづらくなるというケースの逆の結果が話題になることもあります。

たしかにオナニーをする人は男性ホルモンの分泌が多くなり、またホルモンが刺激される頻度が多くなるため、毛が伸びるのが速いという点は事実としてあります。

しかしながら、毛が伸びるといっても髪の毛ではなく、男性ホルモンの刺激により関係性のある腕や足、下腹部などの毛が伸びやすくなるという研究結果がでています。

一方で、自慰行為をすることで男性ホルモンの刺激や亜鉛の減少によって髪の毛への栄養が行き届かなくなり、髪が伸びる速度は遅くなるとされています。

また、射精のし過ぎで亜鉛が減少し、薄毛にもつながるとも言われています。

そのため、髪の毛が伸びるのが遅くなったと感じた場合は、行為を行うのを一時的に減らしてみるのが良いでしょう。

また、髪の毛の栄養素である亜鉛を摂取するというのもひとつの方法となります。

オナニーすると毛が濃くなるって本当?男性と女性の違いはあるの?

オナニーをすると毛が濃くなるというのは、よく言われています。

自慰行為をすることによってホルモンが刺激されることが確認されており、一般的に男性ホルモンが多い人は腕や足などの毛が濃いということから、自慰行為をすると毛が濃くなるという結論に至っています。

この結果は男性のみならず、女性にも当てはまるとされており、その違いは程度の差こそあれあまり無いという事実も確認されています。

女性も自慰行為をすることによってホルモンが刺激され、分泌速度が速くなります。

腕や足などの毛はもともと男と違い目立ちにくいですが、デリケートゾーンやいわゆるムダ毛というものの伸びが速くなり、また濃くなるとされています。

そのため、オナニーをする男女は、ホルモンが刺激されるという点においては同じであり、濃くなる場所は異なっていても実際に影響を受けているという結果が出ています。

これは個人の体質によって異なりますが、回数が多いと感じた場合は、少し抑えるようにしましょう。

まとめ

オナニーによって抜け毛が増えたり髪の毛以外の毛が濃くなったりするのは、全くのデマというわけでもないようです。

男性(時には女性)にとって、オナニーはストレス解消にもなりますからガマンしすぎるのも良くありません。

オナニーの回数を適度に保ち、健康的な生活をしていれば、抜け毛が増えるということはありませんが、亜鉛不足には注意する必要があります。

そうは言っても食事から亜鉛を摂ることは難しいので、サプリメントなら薄毛や抜け毛の原因と言われている亜鉛不足を補うことが出来ます。

「育毛サプリ【BOSTON】」は、亜鉛以外にも髪の毛に良いとされるイソフラボンやノコギリヤシなども摂取できるのが魅力です。

今すぐ「育毛サプリ【BOSTON】」を確認する

タイトルとURLをコピーしました