抜け毛が増えて若ハゲが気になる若い男性へ 原因と対策法を紹介!

早い人であれば20代でも抜け毛が増えていき、若ハゲになってしまう人もいます。

抜け毛や薄毛の悩みや不安というのは男性なら誰でも少なからず抱えていることでしょう。

ここでは若いのに抜け毛が増える原因や、対処法についてご紹介しますので参考にして下さい。

若いのに抜け毛が多くなるのはなぜ?食生活の乱れやストレスが原因?

抜け毛や薄毛の悩みは年齢を重ねた中高年男性だけの問題ではありません。

最近では、若いのに抜け毛が多くなり若ハゲになる男性も増えています。

若いのに抜け毛が多くなるのには、いくつか原因が挙げられます。

髪の毛を作っているのは食べ物から摂った栄養素ですから、食生活が問題になってくるでしょう。

脂肪分や糖分の多い欧米化した現代人の食生活は、頭皮や毛髪にとって悪影響となるでしょう。

またストレス社会と言われるくらいですから、普段の生活の中で蓄積されるストレスも影響しているでしょう。

食生活や生活習慣が抜け毛の原因になっているのは確かですが、同じような食生活、生活習慣でも抜け毛が増えない男性も多いです。

やはり若いのに抜け毛が増えるのは体質的な問題も大きく影響しているでしょう。

男性の抜け毛や薄毛には、男性ホルモンが影響しています。

遺伝や生活習慣によって男性ホルモンの分泌が多くなると抜け毛も多くなります。

若い頃に抜け毛が増える原因 男性ホルモンや生活習慣の乱れが影響?

若い頃に抜け毛が増えて薄毛に悩まされる男性が多くなっているとご紹介しましたが、その原因をまとめてみましょう。

まず、大きいのは遺伝です。

日本人男性に最も多く見らえる抜け毛の症状の原因は、男性型脱毛症=AGAです。

AGAは男性ホルモンが原因の脱毛症なので、年齢に関係なく若い頃からでも発症する可能性があります。

AGAを引き起こしている主な原因は男性ホルモンの一種であるテストステロンです。

テストステロンは酵素の一種である5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロンと言われるホルモンへと変換されます。

このジヒドロテストステロンが問題です。

髪の毛の生まれ変わりのサイクルであるヘアサイクルを狂わせる働きがあるので、抜け毛が増え若ハゲへと導いてしまいます。

AGAの要因は男性ホルモンによる影響ですが、男性ホルモンの生まれつきの分泌量や感受性などは遺伝が影響しています。

脱毛を誘発する5αリダクターゼの量が体質的に多い人がいて、これは親から遺伝すると言われています。

他にストレスや食生活、生活習慣の乱れも抜け毛が増える原因となっています。

ストレスが蓄積されれば自律神経が緊張し、血管が収縮してしまいます。

血管が収縮すれば頭皮の血行が悪化して、毛根に栄養がしっかりと行き届かなくなります。

栄養不足の状態が続けばヘアサイクルが乱れて抜け毛を招きます。

脂質、糖質、塩分過多の食事も頭皮の血行を悪化させる原因となります。

睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れも抜け毛の原因となります。

若い男性の抜け毛と対策法 生活習慣や食生活の乱れを改善しよう!

若い男性に多い抜け毛の原因は、AGAであると紹介しました。

遺伝による男性ホルモンが原因で抜け毛が多くなっている場合には、5αリダクターゼを抑制してジヒドロテストステロンが生成されないようにすることが何よりも大切です。

そのために有効とされているのがフェナステリドを主成分とするプロペシアなどのAGA治療薬です。

男性機能の低下などの副作用が起こるリスクがあるために使用をためらう人もいますが、AGAはどんどん進行していきますから早めの対処が必要です。

医師の指示に従って服用すれば問題ないと思われます。

ストレスを溜め込まないようにするには、適度な運動をしたり十分に睡眠をとることが大切です。

運動不足や睡眠不足そのものが抜け毛の原因となっていますから、抜け毛に対処するためには生活習慣の見直しも大切です。

食事内容が偏っている人は食生活を見直してみましょう。

どうしても外食が多くなる人はサプリメントなども利用すると良いでしょう。

抜け毛に悩む若い男性がするべき予防法は早めに始めるのが大事!

抜け毛、薄毛対策は早く始めるほどに良いと言われています。

反対に薄毛の悩みはそのまま放置していても改善されず、悪化していくばかりです。

早めに対処すれば改善するのも早いですから、抜け毛が増えたと感じたらすぐに対処していきましょう。

抜け毛予防のためには、頭皮環境を整えることが大切です。

男性型脱毛症であってもそうでなくても、頭皮環境は誰もに影響しています。

頭皮環境の悪化で抜け毛や薄毛を招くほか、遺伝による抜け毛の発症にも影響していきますから、頭皮環境を整えることは何よりの抜け毛予防になります。

頭皮環境を整えるためには、毎日行うシャンプーを正しく行うことが大切です。

予備洗いをしたり、指の腹でマッサージするように洗髪したり、すすぎもしっかり行うことがポイントです。

抜け毛が気になるようなら洗浄力の強いシャンプーは避けて、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使うのがおすすめです。

シャンプーあとには頭皮マッサージをして、頭皮の血行を促進すると良いでしょう。

まとめ

若い人でも遺伝や生活習慣、食生活の影響で抜け毛が増えて若ハゲになるリスクはあります。

頭皮環境を整えることや食事や生活習慣の見直し、場合によっては治療薬も使用して早めに対処していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました