あなたの気になる頭頂部や生え際など各部位別の抜け毛の原因とは?

抜け毛と一口に言っても髪の毛が抜ける部位はさまざまです。

頭頂部や生え際など、抜け毛が起こる部位によって抜け毛が起こる原因はさまざまです。

ここでは部位別に、抜け毛を引き起こしている原因についてご紹介しましょう。

頭頂部の抜け毛の原因は男性ホルモンの影響やストレス、睡眠不足など

頭のてっぺんのことを頭頂部と言います。

頭頂部から進行する抜け毛は、典型的な男性特有の薄毛の症状と言えるでしょう。

ある日突然、頭頂部が薄毛になるのではなくて、頭頂部にある髪の毛が少しずつ他の部位に比べて細く柔らかくなり次第に抜け落ちるようになります。

抜け毛の量も増え、そのうち地肌が見えるほどに薄くなっていきます。

抜け毛が起こる原因はストレスや睡眠不足、食生活も関係してきますが、頭頂部の抜け毛に関しては男性ホルモンが大きく関わっています。

頭頂部の抜け毛・薄毛は、男性型脱毛症=AGAの典型的なタイプの一つです。

O字型薄毛などとも呼ばれています。

AGAが起こる原因は男性ホルモンで、遺伝も関係しています。

男性ホルモンの一つ、テストステロンが体内酵素の5αリダクターゼと結合して、薄毛作用をもたらすジヒドロテストステロンを生成します。

毛乳頭細胞がジヒドロテストステロンを取り込むと、ヘアサイクルが乱れるようになり抜け毛が起こります。

頭頂部の抜け毛の要因は、男性ホルモンによって起こるAGAですが、もちろんストレスや睡眠不足などの影響もあります。

頭頂部は特に紫外線を受けやすいことも関係しているでしょう。

夏場の強い紫外線が降り注ぐ中、帽子や日傘なしで外出すれば、頭頂部も日焼けして炎症を起こします。

頭皮環境にダメージが加わればヘアサイクルも乱れるようになり抜け毛を招きます。

前髪の抜け毛は整髪料や洗顔料が原因!パソコンやスマホなども注意!

前髪ばかりが抜けてしまうという人もいます。

頭頂部とは違い、前髪はいつでも自分でチェックできる場所なので抜け毛が増えると気になりやすいですね。

前髪の抜け毛の原因として考えられるのは、整髪料や洗顔料です。

おしゃれのためや薄毛を隠すために毎日スプレーで前髪をきっちりと固めていないでしょうか。

髪の毛だけにかかるのなら問題ありませんが、頭皮にまでかかっていたら毛穴詰まりの原因となり抜け毛を招く恐れがあります。

洗顔料のすすぎ残しも前髪の抜け毛の原因となります。

前髪の根元は洗顔料が残りやすい場所で、これが地肌のトラブルを引き起こして抜け毛を招くこともあります。

パソコンやスマホで目を酷使することも前髪の抜け毛の原因となります。

長時間、目を酷使すれば目が疲れますが、この時視神経は硬直した状態となっています。

視神経の周りには頭部につながる毛細血管がたくさんあります。

視神経が硬直すると頭部の血流も悪くなり、前髪の抜け毛が増える原因となります。

滅多に薄くならない側頭部の抜け毛は目の酷使による眼精疲労が原因!

側頭部は、他の部位で薄毛が進行する場合でも抜けることが少ない部位ですが、中にはこの側頭部から抜け毛が増え薄毛になるケースもあります。

抜け毛はあまり見られないものの、起こると隠しにくい部位でもあり厄介です。

側頭部の抜け毛が起こる原因も、パソコンやスマホなどの使用による目の酷使が挙げられます。

パソコンやスマホの普及により眼精疲労で悩まされる人が増えていますが、それと同時に側頭部の薄毛が起こる人も増えていると言われています。

目を酷使すれば視神経が硬直し、側頭部の血流も悪くなります。

前髪の抜け毛と原因は同じですね。

目を酷使することで、目の周辺にある血流が悪化して側頭部へ栄養がしっかりと届けられなくなります。

生え際の抜け毛は頭皮の血行不良や生活習慣の乱れ、ストレスが原因に

一目につきやすい生え際から抜け毛が増える男性も多いです。

生え際から抜け毛が増え、後退していく原因として考えられるのは、頭頂部の抜け毛と同様にAGAです。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びつき生成されるジヒドロテストステロンが、生え際の抜け毛の原因となっています。

ジヒドロテストステロンが髪の毛の毛乳頭細胞のレセプターと結合すれば、髪の成長がストップしてしまいます。

十分に成長しきれていない柔らかく短い髪の毛が抜け落ちるようになり、徐々に毛髪が薄くなっていくのです。

生え際の抜け毛は、頭皮の血行不良も原因となっています。

ストレスや喫煙、生活習慣病などが頭皮の血行不良を招きます。

過度のストレスにより自律神経のバランスが崩れると、筋肉が収縮した状態になるので頭皮の血行不良を招きます。

タバコに入っているニコチンには、毛細血管を収縮させる作用があります。

糖尿病などの生活習慣は、血液がドロドロになる病気ですから頭皮の血行も悪化します。

前頭部の抜け毛の原因である男性ホルモンの影響は遺伝するって本当?

前頭部も生え際も同じことですね。

前頭部や生え際の抜け毛や薄毛の要因は、AGAと頭皮の血行不良です。

頭頂部から薄毛になるのをO字型薄毛と呼びますが、前頭部から薄毛になるのをM字型薄毛と呼びます。

AGAは男性ホルモンが原因となっていますが、体質的に5αリダクターゼの分泌が多い人はAGAになりやすいと言われています。

体質は親からの遺伝が影響しています。

父親や親せきに前頭部が薄い人が多ければ、AGAの体質を受け継いでいる可能性が高いです。

しかし若い頃から頭皮マッサージや正しいヘアケアなどで対処しておけば、前頭部の抜け毛は防ぐことができます。

まとめ

部位により抜け毛が起こる原因が違います。

頭頂部や生え際、前頭部の抜け毛の場合には、AGAが関係している可能性が高いですから特に早めの対処が必要です。

タイトルとURLをコピーしました