若いうちから薄毛が気になる人の悩みや本音【みんなの体験談】

10代から頭のてっぺんが薄くて悩んでいる20代の男です

小学生くらいから友達にハゲてる、薄くない?等言われ続けています。

まだ、小学生くらいの時はあまり気にならなかったのですが、やはり思春期頃から人の目が気になりはじめました。

その頃ヘアワックスやヘアスプレーなどで髪型をオシャレにするのが友達同士でも流行っていたのですが、やはりつむじの所だけ、何かぽっかり穴が空いたような感じになっていました。

なんとか隠そうと無理矢理髪の毛を後ろの方に持っていったり、後ろの毛を前の方へ持ってくるような髪型を意識していました。

いわゆる、ローマ字のAの形になるようにするヘアセットをしていました。

ずっとこの髪型では飽きてしまうし、段々20代に差し掛かったあたりでは、あまり隠せないようになってきました(毛の量も少なく透けて見えるような感じ)。

ポニーテールにあこがれ、パーマをあて後ろで結んでみた

ある日雑誌を見ていたら、すごくオシャレだな!と思う髪型を見つけました。

それは、外国の人などがよくしていそうな男の人のポニーテールでした。

毛先を少しパーマをあてて後ろで綺麗に結んである、なんともダンディな髪型でした。

これなら髪の毛を伸ばせば出来るし、毎日ヘアワックスなどを使ってセットもしなくて済むし、なによりてっぺんの薄毛を隠せるんじゃないかと思いました。

約1年くらい髪の毛を伸ばし、美容院で始めてパーマをあてにいきました。

最初はお母さんがしてそうな感じに思えたのですが、髪型をポニーテールにしてみたら以外に似合ってるんではないかと思い、この髪型にして正解だと思いました。

髪の毛が長いとアレンジもたくさん出来て、ハーフアップや少し編み込みしたような感じなどすごくオシャレに出来ました。

おデコの生え際が薄くなってきたので、ポニーテールをやめました

しかし、、髪の毛をヘアゴムやカチューシャなどでアップしていたせいか、今度はおデコの生え際(俗に言うM字の部分)が薄くなってきた気がしました。

これはまずいと思いながら2年くらいたったある日。

友達に「なんか昔のヤンキーの剃りこみみたい!」と言われすごく焦りましたし、恥ずかしかったです。

ですから前髪を作れるような髪型にしようと思いまた美容院に行きカットしてもらい2年ぶりの前髪を手に入れたのです。

ですが忘れていませんか?つむじのてっぺんハゲを。

自分は忘れていました。

ある日また友達に「次は10円ハゲみたいにてっぺんハゲてるで」と言われました。

自分はすごく惨めな男だと思い混んでしまい、女性関係などの自信も無くしてしまいました。

常に後ろから誰かに見られてると思ったら、壁の方に後頭部を向けたり、できるだけ人の後ろを歩いたりつむじの事ばかり気にして生活しています。

ある日こんな自分にも彼女が出来た時、ハゲについて聞いてみました

ハゲてるのとか気にならないの?と。

すると彼女は「そんな事気にした事もないし、皆が皆人を見た目で判断する人ばっかり違うから大丈夫だよ」と励まされました!

それから自分は少しづつ自信を取り戻し、自分らしく生きて行く事を決めました。

人の見た目はすごく大事な事だと思いますが、皆が見た目で判断する人ではないと心から思います!(自分も含め)

ですから、自分も含め薄毛に悩んでいる人に自信を持ってもらいたいです。

もちろん増毛や薬など治療するのも賛成ですが僕は自分らしく生きて行く事を決めました。

この文章を読んで1人でも励ましや勇気に変えて自分らしく生きて行こうと思える人を応援したいと思います。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました