ボリュームのありすぎる髪も何とかならないでしょうか【みんなの体験談】

子供のときから、ボリュームのありすぎる髪に悩んできました

伸びるのも速く、くせ毛で、固くゴワゴワで、量が多すぎるのです。

たいていスポーツ刈りにしていたのですが、2,3週間でぶわっと広がるように伸び、シルエットがヘルメットをかぶってるように見えました。

からかわれることもよくありました。

薄毛の人にとっては、ぜいたくな悩みに聞こえるかもしれませんが、多すぎるのも困りものです。

鏡の前に立つたび、うんざりします。

中学、高校のときは、整髪料でがちがちに固めていました

整髪料をたっぷりつけて、広がらないよう押さえつけるようにするのが、毎朝の髪のセットでした。

それでも午後には、広がってしまいます。

午前中に体育の授業があって、汗をかいたりしたら、その時点でヘルメット状態です。

同級生の、さらさらの髪がうらやましくて仕方ありませんでした。

休み時間に、髪形をその場で色々変えて楽しんでいる友達が、すごく幸せそうに見えました。

私にそんなゆとりはありません。

ただただ押さえつけるだけです。

別にかっこよくなくていいから、普通にまとまってくれ、といつも思っていました。

長髪なんかは夢のまた夢です。

何度か丸坊主にもしましたが、すぐ伸びるので同じことでした。

大人になってからも、もちろん髪質が変わってくれるはずはありません

以前ほどは悩まなくなりましたが、シャンプーを変えたり、コンディショナーをつけたり、髪形を変えたり、今でも模索中です。

横や後ろを短めに刈り上げてもらうと、ヘルメットの形状も少しはましになります。

自分の髪との付き合い方に、あきらめとともに慣れてきました。

ただ何よりの解決策は、こまめに散髪に行く、という結論になりました。

今は、月に必ず2回以上、夏場などはほぼ毎週、切っています。

伸びたらすぐ切る。

ヘルメットになる前に切る。

もちろんお金と時間はその分かかるのですが、仕方ないです。

年を取って、これから薄毛になってくれないかなあ、と思うことも

薄毛で悩んでいる人には怒られそうですし、世間の多くの人には理解できないかもしれませんが、本気でそう思うんです。

そのほうが手間がかからなくていいじゃないかと。

薄毛でもそれが似合っている人はたくさんいます。

この髪質と付き合ってきた私にとって、薄毛イコールマイナスのイメージはほとんどありません。

たまに自分と同じような髪の人を見かけると、大変ですよね、という気持ちになります。

たまにでも、そういう人がいるということは、やはり根本的な解決法はないのかなあと思います。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました