ストレスが原因の円形脱毛症について考える【みんなの体験談】

子供の時から髪の毛の量が多くてくせ毛なのが悩みでした

髪の色も真っ黒で固かったので、まさか将来自分が円形脱毛症で悩むなんて想像もつきませんでした。

20代後半で結婚するまでは、髪の毛は大変健康だったので髪の毛に関する悩みは一切ありませんでした。

しかし結婚してからは、義理の両親のとの関係などで悩みが多くなりました。

嫌味を言われてストレスを受ける事も多くなりました。

ストレスを感じ、抜け毛が多くなりました

シャンプーをすると排水溝に髪の毛が溜まる様になります。

ある時美容院に行った時に、頭に10円玉程度のはげがある事を美容師に指摘されて驚きました。

後ろの方だったので自分では全く気がつかなかったからです。

手で触るとその部分は髪の毛が全くなくてツルツルになっていました。

慌てて皮膚科に行き診てもらいました。

医師からストレスによる円形脱毛症だと診断されました

ホルモン剤の入った塗り薬を処方して貰いました。

これを塗ったら半年程で髪の毛が生えてきました。

しかしホッとしたのも束の間で、また別の場所が円形脱毛症になってしまいました。

今度は、病院には行かずにそのままにしておきました。

薬を塗らなくても半年程で自然に髪の毛が生えてきました。

この様に何度も円形脱毛症を繰り返しています。

ストレスを受けると直ぐにはげてしまうので、なるべくストレスを溜めない様に気を付けています。

40歳を超えてからは、円形脱毛症の他にも髪の毛の悩みが増えてきました

それは、髪の分け目がどんどん薄くなってきたことです。

髪の分け目が薄くなってくると、年齢よりも老けてしまうので気になります。

また頭皮がカサカサになって乾燥するのも気になっています。

これまではドラッグストアなどで数百円のシャンプーを使って洗っていました。

しかし石油系界面活性剤を使用した商品は、洗浄力が強すぎて皮脂を洗い流してしまうという事を知りました。

確かに石油系界面活性剤を使用している台所洗剤などを使うとあっという間に手がカサカサになってしまいます。

私は、食器を洗う時には手荒れを防ぐために必ずゴム手袋をしています。

しかし石油系界面活性剤を使用しているシャンプーでこれまで頭皮を一生懸命に洗っていたのかと思うと怖くなりました。

最近では石油系界面活性剤を使用していない植物由来の洗浄成分で作られたシャンプーを購入するようにしています。

値段は高いですが、これを使いだしてから抜け毛が減って髪の毛が少しずつ健康になっているように感じます。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました