直毛すぎてパーマがかかりにくいのが悩みです【みんなの体験談】

高校生の頃、友達の影響でパーマをかけてみたのですが・・・

私は、高校生の頃、周りの友達がパーマをかけていたのをみて、自分もしてみたいと思い、パーマをかけました。

当時はロングで、ゆるふわにパーマがかかることをイメージして顎から下の髪の毛にパーマをかけました。

パーマをかけ終わった後は、美容師さんがセットをしてくれたため、とても満足のいく仕上がりでした。

しかし、お風呂に入ると、その後の乾かし方や、朝のセットの仕方がわからず、パーマが汚く見えてしまいました。

そのため結局、毎朝ストレートアイロンで髪の毛をストレートにしていました。

友達は綺麗にパーマがかかっているのに、なんで自分はうまくいかないんだろうとか、せっかく高いお金をかけてパーマをかけたのに、ストレートにする手間が増えただけでお金の無駄だったと、とても後悔しました。

パーマを諦めきれず、その後も何度かパーマに挑戦しました

しかし結果は同じで、どうしても綺麗にパーマが出てくれません。

美容師さんにも相談したところ、直毛なのと髪の毛が痛んでいるから、パーマがかかりにくいと言われました。

それからは、パーマを諦めて、ずっとストレートにしていました。

友達のアドバイスで毛先だけワンカールをかけてみることに

しかし、私が大学生になった頃、仲の良かった友達が美容師の専門学校に通い始めました。

そのため、自身の髪の毛が直毛すぎて、パーマをかけたいのにパーマが上手にかからないことを、私はその友達に相談しました。

すると、その友達から全体的にパーマをかけるのは、直毛すぎて失敗しやすいかもしれないから、毛先だけワンカールをかけてみればと、アドバイスを貰いました。

そこで、私はさっそく美容院を予約し、毛先にワンカールのパーマをかけて貰いました。

すると、お風呂に入ってもワンカールが綺麗に出てくれました。

セットも毛先を内巻きに手で梳かしながらセットするだけなので、とても楽に整えることができました。

全体的にパーマを出したいときには、コテで少し髪を巻くとまた違う印象になり、アレンジもしやすくて、とても満足しています。

髪の毛の質によって、パーマがかかりやすかったり、かかりにくかったりすることがあると思いますが、自分なりに似合うパーマがあると思うため、そのパーマを探すことが、とても大切だと感じました。

私にも似合うパーマがあるということを教えてくれた友人には、とても感謝しています。

今では、美容師になったその友人に髪の毛を切ってもらっています。

いろいろなアドバイスをくれるため、とても助かっています。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました