仕事のストレスで白髪と抜け毛に悩まされた20代【みんなの体験談】

仕事のストレスで20代なのに白髪で悩んでいました

まだ20代の若かりし頃、初めて就職した会社がかなりのブラックで、手当てもないのに連日終電、土日祝祭日もなかなか休めず、時には泊まり込みもありストレスまみれの生活を3年ほど続けていました。

その結果、まだそんな歳ではなかったにも関わらず、ある日を境に急に白髪が目立ち始めました。

最初は数本だったので、見つけては抜いていたのですが、半年もしない内にとても抜くような数ではなくなってしまい、結局髪を染めるはめになりました。

しかも何故か右側の生え際に極端に集中して白髪が生えてくるうえに、一ヶ月くらいしか染めももたないので、それまではおでこを出した大人っぽいスタイルにしていたのをやめ、泣く泣く前髪を下ろしました。

前髪をアップにしていた時は白髪の束が本当に目立ち、友人からは「それってわざとなの?メッシュ?」と聞かれることもありました。

もともと童顔だったので、前髪をつくると子供っぽくなってしまい本当は嫌だったのですが、仕事が忙しすぎてそこまでマメに髪染めもできず、目立つ白髪を隠すために諦めました。

ストレスと髪染めの影響?で抜け毛が増えてしまいました

しかも白髪だけでも頭を抱えていたのに、ストレスとさらには皮膚が弱いのに髪染めをしたせいなのか、すごい抜け毛にも悩まされました。

入浴時に洗髪する度、指に絡まってごっそりと抜けては排水溝が真っ黒になり、もはやホラーのようでした。

あげく髪を乾かす段階でも普通に100本くらい抜けていましたし、部屋の中にもはらはら落ちていたので、おそらく日に300本くらいは軽く抜けていたのではないかと思います。

そのせいで、自分でもはっきりと分かるくらいに髪のボリュームが減ってしまい、このまま剥げてしまうのではないかと本気で悩みました。

思い付く限りの対処をしましたが、全く効果はありませんでした

シャンプーを変えてみたり育毛剤を試したり。。。

ちなみにロングだと髪の少なさが目立ち、重みでへしゃげるため、人生初のショートにもチャレンジしたのですが、思った以上にお手入れが楽で、周囲からも好評だった為、そのあとはずっとショートにしています。

その後、当時ご縁のあった別会社からお声がけをいただき、晴れて最初のブラック会社を辞めることができたのですが、過度のストレスから解放されたからか抜け毛がぐっと減りました。

そして気づいたら、普通の人くらいの気にならない抜け毛量に戻り、寂しい感じだった毛束もボリュームを取り戻し、白髪も完全にではありませんが、かなり黒く戻ってほっとしました。

やはり、精神的なものと生活リズムは髪にとっても、重要なのだと痛感しました。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました