私の髪は何故天然パーマになっているのだろう【みんなの体験談】

天然パーマで髪がまとまらないことに大変悩んでいます

それがどうして悩みになっているかというと、普通のパーマならきれいにしたいなどの目標があり髪もまとまっているのに対し、天然パーマはいわゆるくせ毛だから髪がまとまっていないからです。

天然パーマになっていると大事な用で出かけるときに問題があります。

今まで悩んできた天然パーマの内容は学校の面接や会社の面接です。

これから頑張らなくてはいけないけれど、くせ毛があるとどうしても外見で判断するときにデメリットがあります。

どんなに頑張っても治らないのが天然パーマです。

こんな大事なときにどうして髪がはねてしまったり、上手く決まらないというときに時間が来たり、困ってしまうこともよくあります。

髪型が上手く決まらず、クリームも付けることに抵抗があるのです

今はシャンプーやリンス以外に髪をまとめたり、いじったりするクリームもありますが、実はつけることを躊躇しています。

それは何故かというと肌質が弱くて合わないクリームもあるからです。

頭皮が弱ってしまうと天然パーマの悩みどころか肌荒れの悩み、頭皮の荒れの悩みまで影響していきます。

そうなってはますます外見が悪くなります。

面接以外の写真を撮るときにも困っています

もちろん面接以外にも困っていることがあります。

それは証明写真などの写真を取るときです。

車の運転免許証、大手の会社の証明写真がいるとき、資格や何かするときに証明写真がいるときなどにとても困っています。

特に証明写真というのは1年に限らず、何年も使うからきちんと撮りたいのが本音です。

天然パーマで肌質も悪いとどうしたら髪がまとまるのか疑問点や不安に思ったりします

実際には自分でいろいろ考えながら、リンスをつけたりたり減らしたりもしているし、寝るときになるべく横を向かないようにするなどの工夫もしています。

ときには水だけつけていじったり、髪をゴムでまとめたり、ピンなどで留めたりすることもしています。

しかしどこか悪いところが出るのが困っています。

ピンで留めてもくせ毛は隠しきれなかったり、ゴムで留めても前や横にくせ毛がついていたり、ゴムで留めようとしても十分な髪がなかったり、リンスをつけすぎて傷んでしまったりしています。

これではなかなか対処しようがなくて困っています。

これからも葬式など大事な用事もきっと出てくるはずです。

でもそんなときに天然パーマになっていると雰囲気も壊れるし、いい目で見られることもありません。

天然パーマが簡単に直せたらいいなと思っています。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました