髪の量が多い!もさもさバクハツヘアーの苦悩【みんなの体験談】

髪の毛の量が多くて「もさもさ」の髪は、一度も好ましく思ったことがありません。

髪の毛の量が多いなんてうらやましい!ポニーテールにしてもボリュームがあっていいね!なんて言われ生きつづけてきたうん十年。

わたし自身一度たりともこの髪の毛の量を好ましく思ったことがありません。

今でも美容院に行っては「この髪の毛の量はなかなかいないですねえ」と感心されるほど。

思えば小さいころから髪の毛の量が異常に多くて、常にもさもさバクハツヘアーだった私は、小中学校時代はひっつめスタイル以外に選択がなく、高校時代やっとストレートパーマをかけたものの髪質のせいかすぐにとれ、今にいたってはスプレーにワックスで固めてなんとかごまかす事態に。

髪の毛の量が多くて「もさもさ」だと、頭を洗って乾かすことが大変!

髪の毛の量が多く、もさもさバクハツヘアーだと何が大変なのか!?

今回は今までの人生の中で個人的に大変だった経験をご紹介します。

まずなんといってもこの髪の量で大変なのは頭を洗って乾かすこと!シャンプーの量はワンプッシュでは到底足りません。

シャンプーが髪の毛の量に負けてしまい泡がまったくたたないのです。

最低でも3プッシュを手に取らなければせっかくのシャンプーはお風呂の排水溝へ流れ落ちてしまいます。

シャンプーを手に取った後大切なのは泡の立て方です。

水を適度にかけ、勢いよく手をかきまわし泡を立てます。

この時勢いと素早さが大切です。

少しでも腕を下げて慢心すれば頭は結局泡の立たない不毛地帯に。

髪を洗うだけでもひと仕事なのです。

また、最低でも3プッシュは必要なため、シャンプー代は馬鹿にできません。

泡をたててしっかり洗えたら今度は髪の毛を乾かします。

わたしは髪が乾くまでの時間は最低でも20分はかかります。

熱い?腕が痛い?いえいえそんなことは言っていられません。

しっかり乾かさなければ次の日の朝、大量の髪の毛がもさもさバクハツヘアーになってしまうのです。

ヘアードライヤーにあてる時間が長いため、髪の毛をヒートプロテクトしてくれるワックスは必需品です。

夏はせっかくのお風呂上りに汗をかきつつ、冬はお風呂上りにドライヤーの温風にさらされ乾燥に苦しみながらドライヤーをかけます。

美容院の方には根本を中心にかければ良い、とのアドバイスをよく頂きますが、その根本の量が多いので結局時間がかかってしまうのが、もさもさバクハツヘアーのさだめです。

髪の毛の量が多くて「もさもさ」だと、雨の日が大変!

そしてなんといっても、髪の毛の量が多くてもさもさバクハツヘアーの人の天敵は雨の日です。

大量の髪の毛が倍に膨れ上がった様子が想像できるでしょうか…。

どんなにがんばって前の日にドライヤーをかけたとしても湿気には勝てません。

従って雨の日は超強力ストレートワックスとストレートアイロンを丁寧にかけ、スプレーで重ねてブロック!

万全の態勢のために雨の日は早起きを強いられます。

髪の毛はいつかは抜けてなくなるもの。

大切にしたいとは思いつつこの髪の毛の量にはこれからもまだまだ悩まされそうです。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました