ヘア知識貧乏な私の少ないボリュームへの悩み【みんなの体験談】

私は幼少時から思春期を経ても髪型や髪質についてとても無頓着でした

出かける前のセッティングやシャンプー後のケアも面倒くさがって、いつもヘアゴムで後ろで結んでいるだけという状態で中学生時代を過ごしました。

高校生になり見聞も友好関係も広がり、校則が緩やかだったこともあり髪型や髪色に関してやってみたい・試してみたいと思うことも増えました。

スーパーや量販店などでヘアケア商品を手に取ることもグンと上がり始めたころ、1つの悩みを持つようになったのです。

それが”髪にボリュームがない”ということでした。

長年肩より少し長いロングヘアを1つ結びにしていたのを高校進学を期にショートヘアにカットしたのです。

きつく結んでいた関係なのかそもそもの体質なのか、髪の毛の量に対してふっくら感がなく毛根があまり上を向いておらず、へたりこんでしまっているような髪の印象でした。

ワックスを使った経験もアイロンを使う頻度も乏しかった私は、おおよそボリュームアップの方法というものにも縁がなかったのです。

行きつけの美容室というものもなかったので悩みを打ち明ける場所も機会もありませんでした。

バイト先で髪型や髪色についていろいろ話していると

そうしている間にバイトを始めた関係で、就業規則に合ったものなら問題はないかとまた自分の髪の毛の問題から目を反らすことになりました。

バイトにも慣れたころに、ふとパートの方と髪型や髪色について話すことがあり、今の髪型が似合っていることや様々な髪型に変えてみたい事、もっと似合う、または挑戦してみたらいいと思う髪色など悩んでいただけにとても話に花が咲きました。

規則上華美でなければ良いとのことで、私はその時初めてカラーリングというものに挑もうと決意しました。

カラーリングは自分で行い、折角新しいことをやっているのだから、髪型も新しくしてみようと地元で評判のいい美容院を予約しました。

真新しい内装と落ち着いた雰囲気の店内で初めてということで軽いカウンセリングも交えてカッティングしてもらいました。

美容院でボリュームがないことを指摘され、いろいろ悩みを打ち明けました

そこで美容師の方からこのように声をかけられたのです。

「髪はあまりふんわりしない方ですか?」と。

まさしく私が悩んでいることをズバリと言い当てられてしまい、ぐうの音もでません。

そこでドライヤーで乾かしても毛が立たず髪型が思うように決まらない、ショートヘア―なのでさらにボリュームがないのが目立っているような気がすると悩みを打ち明けた所、様々な対処方法を提案してくれました。

ドライヤーのかけ方や相性のいいワックスなど…やはりそこは専門職、信頼に足る情報だと思います。

実際に自分の髪を使って実践してくれたので、今でもその方法を守って少しでもボリューム感を出そうと尽力してます。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました