危機感!私がこれまで感じてきた髪の毛の悩み体験談【みんなの体験談】

抜け毛が気になっていたので、1日にどのくらい抜けるのか数えてみました

私は髪の悩みを多く抱えています。

その1つが抜け毛です。

抜け毛が気になってきたのは20代後半頃からでした。

お風呂に入り、髪の毛を洗う際に指に抜け落ちた髪の毛が大量についているのです。

私は、一体どのくらいの髪の毛が抜けているのだろうと思い、一度数えてみたことがあります。

数えてみてびっくりしたのは、100本以上の髪の毛が抜けていたということです。

私はこのまま抜け毛が続いていたら、髪の毛がなくなってしまうのではないかと不安になっていました。

案の定、私の髪の毛はだんだんと薄毛が気になるようになってきたのです。

鏡で自分の姿を見てみると、頭頂部分の頭皮が見えていて薄くなっているのがわかります。

彼氏に薄毛を指摘されかなり落ち込みました

私はますます不安感が増してきました。

抜け毛や薄毛は、中年男性が抱える悩みだと思っていて油断していたら、まさかの自分がこれらの症状に悩まされるなんて信じたくなかったのです。

思い返してみれば、私はこれまでカラーリング、パーマ、ヘアアイロンなど髪の毛に負担がかかることをたくさんしてきました。

髪の毛が少し傷んでるなと感じていましたが、若気の至りで、どうせすぐに元通りになるだろうと高をくくっていたのです。

自分でも薄毛に気がついていましたが、もっとショックだったのは当時お付き合いしていた彼氏から薄毛を指摘されたことです。

一緒に歩いている時に突然、「髪の毛が薄くなってきているけど大丈夫?」と言われてしまったのです。

私はかなり落ち込みました。

まさか彼氏に薄毛を指摘をされるなんて思ってもみなかったからです。

外出するときは薄毛を隠していたのですが・・・

私はものすごく恥ずかしい思いをして、その日から自分の髪の毛や頭皮をものすごく気にするようになりました

外出をする際には、周りの人から頭を見られていないかどうか気が気ではありませんでした。

薄毛を隠すために私は何かしなくてはならないと思い、前髪を後ろに持っていったり帽子をかぶったりして見えている頭皮を隠していたこともありました。

しかし、それではただ隠しているだけなので根本的な解決には至りません。

薄毛を隠すのではなく元からきちんと改善したいと考えるようになった私は、育毛剤を用いたりマッサージを行ったりするようにしました。

また、これまで市販のシャンプーを使っていたのですが、ネットでしか買えない少し高級なシャンプーを利用するようにもなったのです。

このような改善策を行いながら私は薄毛を少しでも治そうと奮起しています。

女性にとって髪の毛は大切なもので美しさを表すものでもあると思うので、これからも大事に扱っていきたいと思っています。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました