白髪計算で「綺麗でいたい 美しくありたい自分」にする【みんなの体験談】

気にならなかった髪の毛が、気になり出すのは20代 「白髪」です

20代後半で両耳の上辺りに白髪が出始めました。
30代後半でなんとなく全体的に白髪が出始めました。
40代前半では全体+頭頂あたりに白髪が出始めています。
20代でのカラーは3か月に1回くらい。
30代でのカラーは1ヵ月半に1回くらい。
40代でのカラーは1か月に1回くらいです。
白髪がどんどん増えて行き、カラーをするのが追いつかなくなっていく。

現在40代の私は。。。

「カラーが追いつかなくなくなってきたので心境的にいっその事、カラーをしないで白髪のままにしてしまおう!」「白髪が目立たなくする為に長い髪を短くしてしまおう!」「美容院に毎月行くのは不経済!」「美容院に予約をとって毎月行くのは面倒くさい!」など、そんな気持ちが生まれてくるのです。

今はまだ「白髪な自分」よりも「綺麗でいたい 美しくありたい自分」が勝っているので、長い髪で不経済でも面倒でも美容院で白髪が目立ち始めたと言う頃に美容院へ行っています。

白髪は、抜け毛と違ってカラー等で色を変えれば、欲求が満たされるものです。

だから、カラーをする周期を変えればいいだけの話なのです。

でもその周期が、もっともっと短い周期に変わってくると、「綺麗でいたい 美しくありたい自分」の欲求が勝てなくなるかもしれません。

現状では、人に会う時など、予め予定が決まった時はまず白髪計算をします

今の現状はこうだから、この日には白髪はこうなっているだろう。

であるならば、どこで美容院に行っておかなければならない。

これが白髪計算です。

人に会う時などは、そんな事を一番に考えるのです。

この調整をする為に1週間美容院を先送りにする場合があります。

美容院先送りは、本来行かないと白髪が目立ってしまうあたりの日にわざと美容院へ行かないので、そこが魔の白髪全盛期スポットになります。

後々にある予定において「綺麗でいたい 美しくありたい自分」の欲求を満たし優先させるには、どうしても1週間くらいは白髪全盛期を我慢するしかないのです。

こうやって今は、白髪全盛期スポットがあるのはしょうがない事で、諦めの期間としています。

同級生などに聞くと、やはり同じような事をしていました。

この状態が人生でいつまで続くかわかりません。

自分にとって白髪は、現時点では「負」です。悩みの種です

でもこの後の白髪人生の段階としては、世の中の女性の先輩方を見ればなんとなく想像できます。

髪を短くしカラーをこまめにし今の現状を継続させるか?

長めの髪でも白髪を活かしたグレーカラー等にしたりしてカラー自体を楽しむか?

女性として年を重ねていきながら白髪と折り合いを付けて生きてゆくのではないかと思うのです。

今の自分は、白髪計算が美を保つ最優先方法なのです。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました