高齢者になっても白髪で悩まないための対策【みんなの体験談】

若い頃から白髪が悩みでした

その為、若い時は毎回、美容院で髪を染めていました。

しかし、長年髪を染めていると、頭皮へのダメージが大きくなってしまうのではないかと考えました。

頭皮へのダメージが大きくなるということは、髪の毛が抜けやすくなるのだということを知ったのです。

なので、30歳半ばくらいから健康のことを考えるようになり、髪を染めるのにも注意するようになりました。

私は毎回、美容院で髪を染めてもらっていたので、根元にはカラーリングの液が付かないようにしてもらっていました。

しかし、それでもほとんど髪を染めていない人に比べれば、頭皮や髪のダメージは大きいと思いました。

カラーリングも安くはないですし、自分で染めるのも面倒だと思っていました。

その上、将来、髪が抜けてしまう危険性があることを知り、思い切って髪を染めるのを止めました。

髪を染めるのを止めたら

白髪は年齢を重ねれば誰でも出てきます。

私にとっては白髪があるよりも、髪が抜けてしまうことの方が恐怖です。

私はもともと肌トラブルが多く、あまり肌が丈夫な方ではありません。

その為、肌の健康のことを考えても、できるだけ自然な方法で白髪を減らしていこうと思いました。

自然な方法で白髪を減らすようにしたら

それからは意識して黒ゴマや海藻類を食べるようにしました。

また、ストレスを溜めないようにしていきました。

それでも白髪が目立ってしまう髪の毛は自分で抜いて、対処するようになりました。

自分で白髪を抜いていてわかったことですが、同じような場所に白髪が集中していました。

私は以前から頭痛持ちだったのですが、その痛みがある場所に白髪が多くありました。

最初に白髪を発見した時も、ストレスが原因だったので、やはりストレスが白髪を増やしているのだと改めて思いました。

とは言え、ストレス社会といわれる現代を生きていくためには、ストレスを受けない生活はかなり難しいと思います。

ストレスは人によって、様々な症状が引き起こされます。

それが私の場合は、白髪になって表れてきたのだと思います。

高齢者になってもできるだけ黒い髪を維持するためには

年齢を重ねていくうちに、同年代の人たちも白髪を気にするようになりました。

私もずっと白髪がありますが、それが若い頃から続いているものなのか、それとも加齢によるものなのか判断が付きにくいです。

中には加齢などの理由によって、急激に白髪が増えて行く人もいるようです。

私の今後の課題は引き続き、髪を黒くするために、様々な対策を行っていくことです。

そして高齢者になっても、できるだけ黒い髪を維持ししていきたいと思っています。

髪の毛を染めることはやはり頭皮へのダメージが気になってしまいますし、また手間も費用もかかってしまうので、できるだけ自然な方法でやっていきたいです。

※この記事は、皆様から寄せられた髪の毛の悩みに関する体験談です。

タイトルとURLをコピーしました