女性がミノキシジルタブレットを服用した場合の副作用と妊婦への影響

ミノキシジルは、男女ともに処方されている薄毛治療薬です。

頭皮のかぶれや痒み、動機などの副作用も報告されているミノキシジルですから、妊婦や胎児への影響が心配です。

ミノキシジルは女性が飲んでも本当に安全なお薬なのでしょうか。

ミノキシジルの副作用 妊婦が飲んでも大丈夫?赤ちゃんに影響は?

ミノキシジルは女性でも使用しても良いとされる薄毛治療薬ですが、妊婦さんが飲んでも大丈夫なのでしょうか。

ミノキシジルと並んで有名な、ホルモンに働きかける薄毛治療薬(主にプロペシア)は、妊婦さんは決して飲まないように、さらに触れないようにとも言われています。

ですからミノキシジルもなんだか怖いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬で、血管拡張作用のある内服薬でした。

男性ホルモンに働きかけるプロペシアとは違い、血管を広げる作用があるミノキシジルは妊婦さんが飲んでも大丈夫な気がしますね。

血圧に影響する可能性はあっても、妊婦さんへの安全にかかわる成分ではなさそうです。

もともと内服薬だったミノキシジルですが、より安全に利用できるよう外用薬が開発され今ではこちらが主流です。

外用薬として使用した場合には、塗布した成分の1%ほどしか体内に吸収されないと言われています。

ミノキシジルを主成分とする発毛促進剤の添付書類にも、妊婦さんへの使用について触れられてはいません。

ホルモンに作用する成分が使用された薄毛治療薬(主にプロペシア)の場合、はっきりと妊婦さんや女性は使用しないようにと明記されています。

ですからミノキシジルに関しては、まず妊婦さんへの影響はないと考えて良いでしょう。

ミノキシジルの副作用が心配!?子作りに影響が出る可能性はある?

ミノキシジルを使用して子作りに影響がないの?と心配されている人もいるでしょう。

確かに男性ホルモンに働きかけるタイプの薄毛治療薬は、子作りへ何かしらの影響があると考えられています。

しかしミノキシジルは血流に働きける成分なので、子作りへの影響はないと考えられます。

中にはミノキシジルとホルモンに作用するタイプの育毛剤を併用している人もいます。

両方を併用することでより発毛促進や抜け毛予防への効果が期待出来ますが、子作りを検討している人はホルモンに作用するタイプは避けた方が良いでしょう。

ミノキシジルは血流を良くする成分なのでまず問題はないかと思いますが、それでも血圧に関係するので心配な人もいるでしょう。

ミノキシジルは飲むタイプのタブレットタイプ(以下ミノキシジルタブレットと表記します)と、頭皮に直に塗る塗り薬があります。

より副作用がなく安全なのは塗り薬の方なので、心配な人は塗り薬で対処するのがおすすめです。

専門医とも相談して使用すれば、まず子作りへの影響はないと考えて良いでしょう。

ミノキシジルの副作用と不妊の関係 不妊治療薬との併用は要注意!

ミノキシジルを女性が飲むと不妊になると言われているのですが、これは本当なのでしょうか。

ミノキシジルタブレットの服用による副作用で、女性の不妊が少数ですが報告されているようです。

血管拡張作用がある成分なので、ミノキシジルタブレットの場合はこの作用が全身に働きます。

卵巣などのさまざまな臓器の血流にも作用するので、妊娠しにくくなるといった影響が及ぶ可能性があります。

ただ不妊の原因はさまざまですから、ミノキシジルだけが不妊の原因になったかどうかは専門医でも判断が難しいところでしょう。

特に注意が必要なのは不妊治療をしている人です。

ミノキシジルタブレットと不妊治療薬との併用で悪影響が出ることは十分に考えられます。

自己判断しないで、まずは医師に大丈夫なのかどうか確認してみましょう。

不妊に悩む女性がミノキシジルタブレットの服用を止めてから、不妊が改善されたという報告もあります。

塗り薬であればそこまで心配はいらないかと思いますが、念のために医師に相談してみましょう。

ミノキシジルの副作用 妊婦が服用したらお腹の中の子供への影響は?

ミノキシジルは発毛効果が高く期待できる成分ですが、それだけに多毛症や動悸、むくみや低血圧などの副作用がたくさん報告されています。

女性が飲んだ場合、お腹の子供への影響が不安ですね。

妊娠中にはホルモンバランスの変化から薄毛の悩みも出てくるのでミノキシジル入りの育毛剤の使用を検討される人もいるでしょう。

しかしお腹の子供への影響が懸念されます。

男性がミノキシジルタブレットを服用しても危険性はほとんどないと言われていますが、女性の場合はどうなのでしょう。

女性の場合、先ほど紹介した不妊の可能性の他、お腹の中の子供への影響が考えられます。

ただホルモンに働きかける成分ではありませんし、子供の発育にまで影響を及ぼす可能性はほとんどないでしょう。

ミノキシジルは妊婦さんの使用が禁止されていないですから、子供への影響もまずないと思って良いでしょう。

ただ、さまざまな噂もあり心配される女性もいるでしょう。

ミノキシジルの服用がストレスになりこれが悪影響を及ぼす可能性があるので、心配な人はミノキシジルが使用されていない育毛剤を利用すると良いでしょう。

ミノキシジルの副作用 タブレット服用で奇形児が生まれるって本当?

ミノキシジルタブレットを服用していると、奇形児が生まれやすいという噂もあるようです。

なぜそのような噂が出てしまったのかは不明ですが、おそらくプロペシアと混同しているのではないでしょうか。

プロペシアはホルモンに影響を与える薬なので、子作り中や妊婦が服用すると奇形児が生まれてくる可能性があると言われています。

一方、ミノキシジルタブレットを服用していて子作りをした場合や妊婦が服用した場合は、奇形児が生まれてくる可能性は0ではありません。

しかしホルモンに作用する薄毛治療薬とは違い、ミノキシジルは胎児にまで影響を及ぼすような成分ではありません。

ホルモンタイプの薄毛治療薬の場合は、特に女性の使用が危険視されています。

妊婦さんは特に危険で、服用するのはもちろん皮膚からも吸収して奇形児のリスクを高めるとまで言われています。

ただ、現時点でプロペシアが原因で奇形児が生まれたという実例は確認できません。

プロペシアの服用が原因かどうかまで特定できないのです。

ミノキシジルタブレットはホルモンに影響を与える成分は含まれていないので、心配する必要はありません。

特に、男性がミノキシジルタブレットを服用した場合は、胎児に影響を与える確率は極めて低いです。

女性の場合は、母乳からミノキシジルが胎児に入ってしまう可能性がありますので、利用を控えた方が良いです。

ミノキシジルタブレットと違い、吸収率の低い塗り薬であれば比較的安全です。

ただ、100%大丈夫とは言い切れないので、心配な人は服用を控えた方が良いです。

産後に抜け毛が増えることもありますが、一時的なものですし、もし継続する場合は、ミノキシジルより効果は低いですが、産後専用の育毛剤が良いでしょう。

医薬部外品ですから副作用はほとんどないと言って良いでしょう。

まとめ

ミノキシジルは、女性が飲んでもそこまで心配のある成分ではありません。

ただ、妊娠中や妊活中にはいろいろと不安も出てきますからより副作用の少ない塗り薬がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました