男性ホルモンは薄毛に影響する?薄くならない人もいるけどナゼ?

男性ホルモンの分泌が多い人は、薄毛になりやすいというのを聞いたことがあると思います。

ということは、男性ホルモンは、薄毛に影響しているのでしょうか?

男性ホルモンが多い人とは、いわゆる男性的な行動(女性が好き、出世欲が強い、負けず嫌いなど)を取る傾向がある人のことです。

身体的にも、体格が良い、ひげが濃い、筋肉質である、などといった傾向もあります。

男性ホルモンが多いことによる薄毛については、「薄毛の原因 男性ホルモンが多いか少ないかで薄毛に影響するの?」に詳しく書いてありますが、AGA(男性型脱毛症)という症状です。

男性ホルモンが多いからと言ってAGAになりやすいかというとそんなことはありません。

テストステロンが5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンに変化するわけですから、テストステロンと5αリダクターゼが結びつきやすい人がAGAになりやすい人であると言えます。

筋トレすると男性ホルモンが増えて薄毛になりやすいって本当?

筋トレ 男性ホルモン 薄毛

結論からいうと、筋トレをすると薄毛になりやすい体質の人がいるというのが正しい言い方のようです。

薄毛になりやすい人もなりにくい人も、筋トレをすると、テストステロンの分泌量が増えるのは、同じです。

ではその差はなにかというと、このテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変わりやすいか変わりにくいかです。

残念ながら、この差は後天的なものではなく、遺伝によって決まります。

遺伝的に薄毛になりやすいかどうかは、お父さんとお爺さんの薄毛度を確認すればだいたい分かります。

薄毛になりたくなければ、筋トレよりも有酸素運動のほうが向いています。

でも、どうしても筋肉を付けてマッチョな体になりたいという人は、プロペシアを服用するという選択肢もあります。

プロペシアは、厚生労働省が認可している薬で、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えない効果が期待できます。

ただし、性欲減退や肝機能障害などの副作用の報告もあるので、使用は慎重にしましょう。

男性ホルモンを増やすと薄毛になりやすいのは遺伝が原因なの?

男性ホルモン 増やす 薄毛

男性ホルモンが多いと、女性にモテたり、やる気がでたり、男らしい体形になったりと、男性にとって嬉しいことがたくさんあります。

増やすために、筋肉トレーニングを必死で頑張っている人も多いでしょう。

でも、男性ホルモンの分泌量が多すぎると、薄毛のリスクが高くなるという、相反する事態が心配されます。

せっかく、女性の目を気にしてセクシーな身体になっても、頭部が日の出のようになっていては、魅力が半減してしまいます。

男性ホルモンを増やすと薄毛になるという噂の真実は、いかがなものなのでしょうか。

男性ホルモンが増えて薄毛になるリスクが高いのは、AGAの疑いがある人、遺伝的にAGAになりやすい人です。

薄毛が遺伝しやすいかどうかは、検査で調べることができます。

よく母方の祖父が禿げていると禿げやすいといわれるのは、母親のX染色体からAGAに関係する遺伝子を受け継ぐからです。

男性ホルモンを減らすと薄毛になりやすいのは更年期障害が原因なの?

男性ホルモン 減らす 薄毛

男性ホルモンが減ると薄毛になる、という噂もあります。

これは、男性の更年期障害に関係していると考えられます。

男性にも女性と同じように、加齢によりホルモンのバランスが崩れる更年期障害があります。

でも、女性のように閉経というはっきりした分岐点がなく、個人差も激しく、進行も緩やかなため、あまり注目されてきませんでした。

男性も女性と同じように、更年期になると男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減ります。

テストステロンは、抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンの元だから、少ないほうが抜け毛になりにくいのではと思うかもしれません。

でも、男性の薄毛はAGAだけが原因ではありません。

テストステロンには、髪を太く保つという役割もあるのです。

更年期になる年代は、ストレスが溜まりやすく、頭皮の皮脂も気になる世代ですから、そのことも影響しているのでしょう。

頭頂部の薄毛と男性ホルモンとの関係について|レセプターって何?

頭頂部 薄毛 男性ホルモン

頭頂部が薄くなってかっぱのようになる、いわゆるO字禿げですが、男性ホルモンとの関係はどうなのでしょうか。

同じ髪なのに頭頂部の髪だけ薄くなる理由は、頭頂部には男性ホルモンレセプターがあるからです。

男性ホルモンレセプターは受容体ともいわれ、男性ホルモンのジヒドロテストステロンとくっつくと、髪の正常な生え変わりを邪魔します。

この男性ホルモンレセプターは、頭頂部と前頭部にしかありません。

そのため男性は、頭頂部や前頭部が薄くなる人が多いのです。

頭頂部が薄くなるのは男性ホルモンのせいというのは正確には間違いで、男性ホルモン受容体があるせいということになります。

生え際より頭頂部が先に禿げる人は、頭頂部の頭皮が固くなっている可能性が高いです。

前頭部の薄毛と男性ホルモンとの関係について|油っぽい食事が影響?

前頭部 薄毛 男性ホルモン

前頭部が薄くなりやすいのも、頭頂部と同じ理由です。

おでこと頭の境目、いわゆる生え際のところで、左右両端が薄くなるM字型の人と、真ん中から薄くなるU字型の人がいます。

頭頂部より前頭部が先に禿げたり、前頭部だけ禿げたりする理由は、皮脂の過剰分泌が考えられます。

いわゆるM字ハゲの人は、欧米人に多い傾向があり、油っぽい食事が影響しているのではともいわれます。

日本でも食の欧米化が進んだことで、アジアには少ないM字型やU字型の薄毛の男性が増えているようです。

M字ハゲの予防対策には、和食中心の食事がいいという見解が有力ですから、食生活を一度見直してみましょう。

汗をかきやすく溜まりやすい場所でもあり、ニキビができやすいことでもあります。

洗顔の時は生え際に気を配り、シャンプーの選び方や洗い方も見直してみましょう。

まとめ

男性の薄毛には、男性ホルモンの影響は少なからずあるようです。

ただし、男性ホルモンが多いから薄毛になるという俗説は、嘘といっていいでしょう。

確かに男性ホルモンが多いことも、一因にはなりますが、メカニズムを理解すると、それだけで薄毛にはならないことがわかります。

筋トレで薄毛になるのは、タンパク質が筋肉に使われ、髪の分が足りなくなるという理由も考えられます。

タイトルとURLをコピーしました