ヘルメットを被っていると薄毛になる!?効果的な対策法はあるの?

ヘルメットを被っている人は薄毛になりやすい、というのを聞いたことがある人は多いと思います。

たしかに、野球選手は薄毛の人が多いなぁと感じている人も多いのではないでしょうか?

ヘルメットをかぶっているとどうして薄毛になりやすいのか、また、対策はどうしたら良いのかを紹介しています。

ヘルメットが薄毛の原因に!?ヘルメットによる蒸れや汚れに要注意!

薄毛は遺伝だけで決定するものではなく、日々の習慣が大きく関係してきます。

例えば仕事も関係しており、ヘルメットを常時着用する仕事は髪が薄くなりやすいと言えます。

原因は蒸れによる汚れであり、毛穴に汚れが詰まって落とすのが難しくなるわけです。

日本人は毎日洗髪する方が多いですが、皮脂分泌が多すぎると一度の洗髪では完全に落とせないことがあります。

だからと言って1日2回の洗髪をする方は少ないため、少しずつ皮脂が蓄積していくわけです。

毛穴に皮脂が詰まると除去するのが難しいですが、これは液体から固体に変化するためです。

発生してそれほど時間が経っていない皮脂は簡単に落とせますが、固体になるとシャンプーだけで落とすのは難しくなってきます。

そうして皮脂が少しずつ溜まっていき、毛穴を詰まらせることで発毛を阻害するわけです。

髪が全体的に薄くなってきたら薄毛の前兆ですが、男性の場合は抜け毛が増加するパターンが最も多いです。

洗髪後の抜け毛をチェックし、増えてきたと感じたらヘルメットの蒸れに注意してください。

バイク乗りは良くヘルメットを被っているから薄毛が多いって本当?

バイク乗りが薄毛になりやすいというのは、運転中にヘルメットを着用しているからです。

建設作業などの仕事で着用するものより圧迫性があり、血行悪化を促進するのが特徴です。

フルフェイスタイプが多いので蒸れやすく、抜け毛の増加につながるデメリットもあります。

バイク乗りは薄毛のリスクが高くなるのは事実なので、乗らない人以上に頭皮ケアをしっかりと行うことが大切でしょう。

ヘルメットは清潔にするように心がけ、こまめに内部素材を洗浄をしておきましょう。

圧迫によって頭皮が硬くなるため、頭皮マッサージを日課にするのがおすすめです。

毎日のマッサージが難しいという方は週に3回くらいでもかまいません。

3分程度の指圧をすることで血行が促進されるので、抜け毛を予防することができるでしょう。

頭皮がカチカチになっている状態は血行不良により、毛根に栄養が届きにくい状態にあります。

髪が弱くなるのを防ぐためにも、全体的に細くなってきたら注意してください。

自転車通勤の人は要注意!ヘルメットが薄毛の原因になるって本当?

自転車通勤するときにもヘルメットを着用している方は少なくありません。

バイクのヘルメットほどではありませんが、頭部を圧迫することで血行不良を招きやすいです。

通勤時間が長くなるほど頭皮が硬くなりやすく、薄毛の原因になると考えてよいでしょう。

頭皮は生活習慣の影響をそのまま受けるので、生活が乱れていると薄毛のリスクを高めるので注意が必要です。

職業や乗り物を変えたときなど、些細なことでヘアサイクルを変えてしまうこともあります。

そもそも頭部圧迫の少ない帽子ですら、頭皮によくないことがわかっています。

蒸れやすくなるので汗・雑菌繁殖が活発になって、抜け毛を増やしてしまうわけです。

洗髪後に明らかに抜け毛が多いと感じたら、早めに対策をする必要があるでしょう。

初期の段階で気づいて対処をすることが髪を守るコツであり、薄くなってから元に戻すのは簡単ではありません。

毛量が十分にあっても抜け毛が増えてきたら早めの対策が必要です。

まずはアミノ酸系や育毛シャンプーを使用して、頭皮環境を整えていきましょう。

頭頂部の薄毛の原因はヘルメット!?蒸れによる細菌繁殖に要注意!

昔から帽子をずっと被っていると薄毛になりやすいと言われますが、ヘルメットはそれ以上の原因となります。

頭頂部が薄くなってしまう原因として、蒸れによる細菌繁殖があるので注意しましょう。

着用する以上は蒸れを防ぐことはできませんから、こまめに洗髪して汚れを落とすしかありません。

洗髪する前に予洗いをして大まかに汚れを落としておけば、シャンプーの洗浄力を高めることができるでしょう。

予洗いから10分くらい時間を置けば、汚れが柔らかくなって落としやすいです。

シャンプーを使用したときに泡立ちが少ないと感じたら皮脂分泌が多いと考えられるため、2回連続でシャンプー洗髪をしてみてください。

2回目のほうが泡立ちが多いはずですが、これは1回目より皮脂が落ちているからです。

細菌繁殖を防ぐためには洗髪後に速やかに髪を乾燥させることが大切です。

ドライヤーで大体乾燥させたら、あとは自然乾燥に任せましょう。

ドライヤーは温風と冷風を併用するのが髪にダメージを与えないコツです。

バイクや自転車のヘルメットが原因で薄毛になった人の対策について

バイクや自転車を通勤に使用して薄毛になってしまった人は、ヘルメットをなるべく清潔にして使うようにしてください。

汗が染み込んでしまうのでこまめに内側を洗浄し、よく乾燥させておきましょう。

あとは洗髪を特に徹底してするようにして、皮脂分泌が多いと感じるときはクレンジングの使用をおすすめします。

頭皮クレンジングのメリットはシャンプーより洗浄力が高いことです。

毛穴に詰まった皮脂を落としやすく、使用後はスッキリとした爽快感を得られます。

頭皮マッサージも薄毛予防対策として効果的で、血行を促進することで育毛をサポートしてくれます。

マッサージをすることで頭皮が柔らかくなり、毛根に栄養を届きやすくするメリットもあるのです。

毛根から髪が生えてくるので、常に毛根周りは健康にしておく必要があります。

シャンプーはアミノ酸タイプや育毛タイプがおすすめで、育毛剤も併用するとさらに効果的です。

育毛剤の使用後も頭皮マッサージをして浸透力を促進していきましょう。

まとめ

仕事やバイク、自転車に乗って毎日のようにヘルメットをかぶっている人は、薄毛になっているかいないかにかかわらず、頭皮のケアを充分に行うことが必要です。

アミノ酸系シャンプーで汚れを良く落とし、頭皮マッサージをして出来る限り皮脂を落とすよう心がけましょう。

ヘルメットの内側も洗浄し綺麗にしておくことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました