フィンジアとリアップを徹底比較!効果があるのはどっち?副作用は?

フィンジアは男女兼用の安全な育毛剤で、化粧品に分類されるのでリスクはほとんどありません。

一般的に育毛剤と言えば医薬部外品が中心ですが、化粧品はそれ以上に安全性が高いです。

医薬品のリアップは副作用が発生する可能性があるので、比較をすると化粧品のほうが安心できます。

効果は医薬品のほうが優れていますが、育毛は長期ケアが必須になりますから、継続ケアができないと意味がありません。

3~6ヶ月以上の長期使用を考えるなら、頭皮に優しい育毛剤がおすすめです。

まずは頭皮にダメージを与えないものから試してみて、変化が得られない場合に医薬品を検討してみましょう。

フィンジアとリアップを徹底比較!ネットでの評判が良いのはどっち?

フィンジアとリアップはまったくの別物であり、大きくカテゴリ分けすると化粧品と第一類医薬品に分類されます。

リアップは日本で唯一発毛効果が期待できる発毛剤と言われるとおり、効果は非常に高いものがあります。

その分だけ副作用も強くなりますが、副作用をまったく感じない人も少なくありません。

有効成分のミノキシジルは血管を拡張して、毛根に活力を与えることで発毛させます。

医薬品という性質から化粧品のように口コミ投稿はあまりされていませんが、効果が高いのは間違いありません。

これに対してフィンジアは化粧品に分類されるため、単純に効果で比較すると医薬品には負けます。

ただし両者は役割が異なっており、医薬品は治療で化粧品は予防を目的にしています。

実際にフィンジアでケアをした方の口コミを見ると、抜け毛が減少したという口コミが多いです。

発毛に対して抜け毛防止はやや印象が弱いでしょうが、抜け毛を減らすと自然と髪は増えていきます。

髪が減ってしまう原因として大量の抜け毛があるので、まずはここを改善することが重要です。

利用者の評判は上々で、抜け毛が減ってヘアサイクルが改善したというコメントが多いです。

ヘアサイクルを健全にすることで、ボリュームを復活させることができます。

フィンジアとリアップの成分を徹底比較!効果があるのはどっち?

フィンジアは副作用のない化粧品タイプの育毛剤で、市販されている育毛剤と比較してもマイルドです。

3つの有用成分によって抜け毛を予防し、ヘアサイクルを整えてくれます。

キャピキシル5%はアカツメクサアセチルテトラペプチド-3から構成されており、頭皮状態を健全にするために役立ちます。

イソフラボンが配合されているので、女性ホルモン様作用を発揮することが可能です。

ピディオキシジル2%は新スカルプ成分として着目されており、頭皮コンディションをベストに導いてくれます。

カプサイシンはゲートアクセス理論により、毛穴に有用成分が浸透するのをサポートします。

リアップは第一類医薬品の発毛剤です。

医薬品の中でもリスクが高いので、薬剤師の同意を得るなど慎重に利用するべき発毛剤です。

一般的な育毛剤のように気軽に購入できるものではなく、使用ができない方もいます。

リアップにはミノキシジルが配合されており、1%または5%の配合率となっています。

血管拡張効果があるのが特徴で、毛母細胞を活発にして発毛を促進させるわけです。

非常に効果的な反面、長期連用によってかゆみ・頭痛などが発生する方もいるので慎重に利用する必要があります。

フィンジアとリアップを徹底比較!副作用についてはどうなの?

フィンジアは化粧品という性質から、副作用は基本的にないと考えてよいでしょう。

合わないという方は稀にいますが、これは副作用とは関係ないものです。

例えば完全無添加の石鹸を例にしても、合わない人には合わない現実があります。

ほとんどの育毛剤は医薬部外品に属するため、フィンジアは育毛剤の中でも極めてリスクが少ないと考えてよいでしょう。

医薬品と比較すると作用は緩やかですが、だからこそ長期利用に適しています。

長期的に使用をすることで毛母細胞を元気にし、ヘアサイクルを正常にできるはずです。

リアップに含まれるミノキシジルは発毛促進に最も効果的な成分ですが、副作用が発生しやすいのが特徴です。

一般的によく見られるのは湿疹・炎症・かゆみなどであり、頭痛・むくみを感じる方もいます。

第一類医薬品という性質から、医薬部外品や化粧品よりリスクが大きくなるのは仕方ありません。

初期の薄毛にはフィンジアを使用して様子を見て、変化を得られない場合にリアップに変えるという方法がおすすめです。

いずれを使用する場合も最低6ヶ月の使用をし、その時点で効果を判断してください。

頭皮改善には長期を要するので、短期間の使用では効果を実感することが難しいです。

まとめ

フィンジアとリアップの違いをまとめると、化粧品と医薬品の違いと言えるでしょう。

両者はまったくの別物ですが、副作用を避けるには化粧品、効果を比較するなら医薬品が適しています。

両者を使用して比べるのもよいですが、最低でも6ヶ月は使用してください。

ヘアサイクルを根本から変えるには時間がかかるため、3ヶ月程度では変化を得られない可能性があります。

薄毛が本格的に進行している方は医薬品、予防対策をするなら化粧品というように使い分けるのもありです。

まだ薄毛になっていない方でも、化粧品なら将来の薄毛予防対策として活用できます。

タイトルとURLをコピーしました