フィンジアとプロペシアを徹底比較!効果はどっち?副作用は?

フィンジアとプロペシアには、様々な観点から効能の違いが確認できます。

特に大きな違いがあるのが、医学的な観点からの違いです。

フィンジアは、元々医薬品に分類される製品ではないためその効果に関して医学的な根拠を述べることができません。

副作用などの報告も製品を提供している会社の成分の独自データに依存する傾向があります。

一方で、プロペシアは医薬品に分類されるれっきとした製品なので、結果に関しては医学的な根拠が存在します。

身体への悪影響についても確認されているため、製品の比較を行う際にはこれらの違いを重視することがとても大切です。

フィンジアとプロペシアを徹底比較!評判が良いのはどっち?

評判の差異を具体的に比較するときには、医学的な効果が存在するかどうかが重要になります。

実際に、フィンジアに関しては効果があるといってもその結果に根拠が存在しません。

そのため、評判を見てもやはり結果が出なかったと感じる人も存在します。

これは、初めから効果を期待していなかった人が相当数存在するからです。

反対に、そもそも医薬品として考えていない人にとっては使用することで良い結果をもたらしたことに逆に感動する人もいます。

結局、フィンジアを効果のある医薬品と見なすのかそうではないと見るのかの違いであると判断できます。

客観的には、フィンジアは医薬品ではないので効果が出なくても当然だと言えます。

一方で、プロペシアの場合はそうした評価と比較しても効果や副作用に関する医学的な口コミが多いです。

例えば、初期脱毛などに関する評判が多いことが特徴です。

臨床段階からある程度の結果が出ているため、突然生じる初期脱毛などの治療過程での症状に関しては驚く人がいます。

これらの作用を副作用と間違って評価している人もいますが、基本的にプロペシアの初期脱毛は副作用ではありません。

こういった誤解を除くと、おおむね医薬品としての評価は得ていると判断できます。

フィンジアとプロペシアの成分を徹底比較!効果があるのはどっち?

フィンジアとプロペシアでは、プロペシアの方が効果がある可能性が高いです。

これに関しては、医学的な結果が既に出ていますので高い確率でそのようになっています。

そもそも、日本国内でAGA治療に有効だと判断されている医薬品は2018年現在でたった3種類しか存在しません。

その一つがプロペシアであるため、クリニックに行けば診断結果をもとにこの医薬品を処方して貰うことができます。

つまり、国がきちんと認めている医薬品であるため、その結果に関しては疑いようがありません。

反対に、フィンジアは医薬品ではないので結果が出ると断言することはできません。

実際に利用して結果が出ることも否定できませんが、その効果が直接的にどの程度影響しているのかを断言することが難しいという側面があります。

そもそも、医薬品指定を受けていない製品に関しては、その製品を開発して発表している会社のデータが全てになります。

確かに、詳細な実験を行って薄毛や脱毛症に対して一定の効果を得ることができたと判断できるデータがある可能性はあります。

しかし、それは国が認めたものではありません。

成分の比較に関しては明らかに医薬品の方が正しいので、この点は誤解をしないように気をつける必要があります。

フィンジアとプロペシアを徹底比較!副作用はどうなの?

育毛剤や発毛剤を利用する際には、頭皮に対してどの程度の副作用が存在するのかを考えなくてはいけません。

この点、医薬品ではないフィンジアには医学的な副作用は存在しない可能性が高いです。

確かに、利用することに関して頭皮に対して何らかの影響が出る可能性はあります。

しかし、これは利用した人の身体的な状況と成分の相性の問題にすぎません。

例えば、利用者のアレルギー成分にフィンジアの成分が合致してしまったときには逆に頭皮の状況が悪くなってしまう可能性があります。

反対に、プロペシアの場合は確実に副作用が存在します。

これは、フィンジアと比較してとても重要な違いです。

プロペシアのような医薬品は、その効果にプラスして反作用的な影響を身体に与えることが大半です。

言い換えると、身体に対して悪影響を与える可能性がない医薬品は存在しません。

これは、医薬品そのものがそのように定義されて開発されているからです。

プロペシアでも、臨床試験での実例が確認されています。

例えば、性欲の減退などは典型的な症例です。

ただし、こうした症状は服用した患者の僅か2%程度しかいないというデータもあります。

大きな悪影響を出すわけではないため、その点に関しては一定の安全性が存在します。

まとめ

副作用を気にせず薄毛の改善を進めたい人にはフィンジアが向いています。

ただ、利用して結果が出なかったとしても仕方がありません。

医学的な効果が存在するかどうかがわからないため、結果に関する責任は本人の自己責任になります。

反対に、プロペシアに関しては結果が期待できるため、着実に治療を進めていきたい場合には向いています。

もちろん、副作用に関しては必ず気をつけておく必要があります。

両者を比較すると、どちらか一方が悪くて良いというわけではなく、どちらにもメリットとデメリットが存在するということを知っておくことです。

タイトルとURLをコピーしました