5αリダクターゼを抑制する育毛剤フィンジアはAGAに効果あり?

フィンジアにはピディオキシジルが配合されており、頭皮の状態を健全に変えることができます。

新スカルプ成分と言われており、頭皮を健康にして抜け毛を予防することができます。

さらにキャピキシルも含まれており、アカツメクサというハーブが脱毛酵素5αリダクターゼを抑制することが可能です。

つまりAGAの原因物質に働きかけるので、男性型脱毛症に悩んでいる方に効果的です。

男女兼用タイプの育毛剤なので誰でも使用できるのがメリットですが、特に頑固な男性の薄毛にも役立ちます。

カプサイシンも配合し、ゲートアクセス理論によって毛根への栄養供給を効率化させることも可能です。

そもそも5αリダクターゼってナニ?なぜフィンジアは抑制できるの?

5αリダクターゼとは脱毛酵素のことで、男性ホルモンを薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変換してしまいます。

この作用が最もよく現れるのは前頭部と頭頂部で、他の部位よりも薄くなりやすいのです。

びまん性脱毛症は女性に見られる薄毛で、髪が全体的に薄くなるのが特徴です。

これに対して男性型脱毛症のAGAは特定の部位を中心に薄くなるのですぐにわかります。

側頭部と後頭部は十分に髪があるのに、なぜか目立つ前側だけ薄くなって悩んでいる男性は多いでしょう。

これは5αリダクターゼの影響なので、これらの分泌を抑えていくことが根本解決の道となります。

フィンジアは副作用のない育毛剤でありながら、脱毛酵素を抑制することが可能です。

次世代のスカルプ成分のキャピキシルを配合しており、これが脱毛酵素の働きを阻害してくれるわけです。

アカツメクサに加えて4種類のアミノ酸からなるアセチルテトラペプチド-3が配合されており、頭皮状態を健全にしてくれます。

頭皮状態が不安定になっているときほど、髪が薄くなりやすいので注意してください。

髪のボリュームが減退してくると、大きなコンプレックスを抱えるようになります。

そうなってからでは遅いので、その前に対策する必要があります。

フィンジア|キャピキシル以外にAGAに効果のある成分とは?

キャピキシルはAGAの抑制に効果的な成分ですが、ほかにも役立つ成分はあります。

AGAは過剰な脱毛酵素の分泌によって起こりますが、これだけが原因ではありません。

血行不良によって急激に進行するので、血行をよくする栄養素が必要になってきます。

フィンジアには頭皮状態を健全化するピディオキシジルが配合されており、キャピキシルとの相乗作用が期待できます。

さらにカプサイシンを配合することで、ゲートアクセスを可能にしました。

ゲートとは毛穴のことで、毛穴を十分に開かせることによって毛根を活性化していくわけです。

毛根が硬くなっていると血行が悪くなりますし、毛穴に栄養素が効率よく届いてくれません。

栄養素を供給することが血行促進はもちろん、頭皮に栄養を与えて元気にするコツです。

頭皮が弱ってしまうと薄毛が増えてくるので、早めに対策をしてください。

抜け毛が多くなってきたら薄毛の前兆と考えられるので、フィンジアを使用するタイミングでしょう。

唐辛子を食べると大量の発汗がありますが、これはカプサイシンの作用によって毛穴が開くからです。

実際に唐辛子は育毛に最適な成分であり、大豆由来のイソフラボンとの相性が非常によいことで知られています。

フィンジアに副作用はあるの?化粧品だから大丈夫って本当?

フィンジアは化粧品なので副作用はないと考えてよいでしょう。

もちろんすべての人に合うとは限りませんが、ほとんどの方は問題なく使用しています。

医薬品の発毛剤の中には、薬剤師に相談しないと購入できない商品があります。

これは副作用が発生する可能性があるためで、医薬部外品よりもリスクは大きいと言えるでしょう。

医薬部外品は医薬品と比較してマイルドですが、化粧品よりはややリスクが大きいです。

リスクと言っても重大なトラブルを引き起こすわけではありませんが、頭皮が荒れるなどのトラブルが発生する可能性はあります。

フィンジアの特徴は時間をかけて育毛することで、それゆえに副作用はありません。

少しずつ本来の頭皮状態に戻していくことで、髪を強化することが可能です。

髪が弱って困っている方は、早めに対策をしないと大量の髪を失うことになるでしょう。

何の対策もしないことは現状を維持することではなく、髪を減らすことだと考えていいです。

年齢とともにボリュームは減ってしまうので、最初はフィンジアを試してみましょう。

男女兼用タイプというだけあり、頭皮タイプに関係なく使用することができます。

頭皮を安定させることが抜け毛を減らして、ボリュームを安定させることになるわけです。

まとめ

フィンジアのメリットは、脱毛酵素5αリダクターゼの抑制、ゲートアクセスによる栄養素の供給力アップ、頭皮の健全化などがあります。

AGAは進行性の薄毛なので、放置することは状態を悪化させるだけです。

薄毛を進行させないためには、いち早く薄毛に気づいて対策する必要があります。

放置するほど薄毛は進行してしまうので、まずは脱毛酵素を抑制していきましょう。

頭皮を柔軟にして血行促進をすれば、髪が生えやすい状態となります。

副作用のない育毛剤なので、頭皮がダメージを受けやすい方にも効果的です。

コンプレックスを大きくしないためにも、今すぐにケアを始めてください。

タイトルとURLをコピーしました