フィナステリドの副作用で女性が注意しなければならないこととは?

フィナステリドは男性の頭頂部や生え際などの部位の薄毛対策、いわゆるAGA治療の目的では幅広く使用されています。

これは要するに医学的な見地からも男性の使用はふさわしいと考えられていることを意味しています。

この成分は男性のホルモンに対しての働きかけがメインのため、逆に医師が女性に処方することは通常はあり得ず、その有効性についても確認されていません。

これは使用にともなってさまざまな副作用があり得ることも要因になっています。

自身に対して使用する場合はもちろんですが、家族のなかに妊娠中の人、乳児や幼児などがいる場合についても、その管理は厳密にしておかなければなりません。

フィナステリドの副作用について|妊婦にはどんな影響があるの?

フィナステリドという成分を含む医薬品にはいろいろと副作用が生じる可能性があることが指摘されています。

もしも妊婦に対して使用した場合ですが、まずはお腹にいる胎児への催奇形性という影響が及ぶことが考えられます。

この成分は母体を通して胎児の体内にも容易に移行してしまうことがあります。

たとえ出産したあとであっても、授乳の際にやはり母子間でフィナステリドの成分が移行してしまうことがあります。

妊娠中の使用はもちろんのこと、出産後についても気を付けなければなりません。

海外では女性自身が使用をしていなくても、パートナーの男性が使用していた成分が、皮膚を通じて女性の体内に吸収されてしまって、同様の問題を引き起こす懸念が指摘されています。

そのため男性が使用する場合にも、妊婦がいる家庭では特に管理に気を使わなければなりません。

日常的には密閉された容器に入れて保管をしておいたり、錠剤タイプの場合に飲みやすくするために意図的に破砕するなどして、その破片が飛び散ったりすることのないように、十分に管理をしておくことが重要です。

女性の身に副作用とみられるトラブルが発生した場合には、すみやかに医師に相談をすることも必要となります。

フィナステリドの副作用について|胎児にはどんな影響があるの?

フィナステリドの副作用のなかでも、胎児についての影響は深刻にとらえる必要があります。

胎児の場合には催奇形性が指摘されていますが、これはこの成分のメカニズムを把握しておけばある程度は理解しやすいといえます。

男性の薄毛の原因には外的なストレスなどいくつかありますが、なかでも特徴的なのは男性ホルモンが過剰に分泌されることです。

フィナステリドを服用した場合には、この男性ホルモンがある種の酵素によって脱毛を促進する物質に変化するのを阻害するはたらきがあるのです。

結果としてAGA治療薬などとして利用できるようになっています。

このようにホルモンに対しての影響が及ぶ物質というところから、男の胎児がこのような物質を何らかのかたちで摂取してしまうと、性器などの男性をつかさどる重要な部位の正常な発育が進まないなどの副作用となってあらわれるおそれがあります。

これは妊婦がいる家庭の場合とも共通ですが、成人男性が使用している場合であっても、やはり医薬品の管理は厳重にして、母体を通じた摂取といった起こり得る事態を未然に避けなければなりません。

もしも不安があればすみやかに医師に相談をして対策を講じることも当然ながら重要です。

フィナステリドを妊婦が服用すると副作用で奇形児が生まれるって本当?

フィナステリドを妊婦が服用してしまった場合、奇形児が生まれてしまうといった副作用は、繰り返しになりますがあり得ることと考えるべきです。

フィナステリドは男性ホルモンに対してはたらきかけますが、女性の薄毛対策には別のメカニズムを持った医薬品もいろいろと開発されています。

あえてこのような成分を含む医薬品を個人輸入などのかたちで入手して使うなどといったことは、避けておいたほうが無難です。

特にこの成分を含む医薬品は、薄毛の部分の頭皮に塗るいわゆる外用薬ではなく、内用薬として口から錠剤を飲み込んで摂取するところにも問題があります。

この場合は血中に成分が浸透するのがスピーディーになりますが、逆に副作用の懸念も高まります。

特に胎児の場合は母体とつながっていますので、女性が使用した場合にはただちにその成分が胎児のほうにも移行してしまいます。

男性器が不安勢な状態での発達を遂げた奇形児として出産を迎えることは考えられます。

実は成人男性の場合の副作用としても、男性不妊症やリビドー減退などが報告されていますので、それだけ強力といえます。

成人に比べて体重が少ない胎児の場合には、より医薬品の影響を受けやすくなります。

まとめ

フィナステリドは、そもそも男性ホルモンの過剰に対してはたらきかけて、男性の薄毛治療などに用いることを想定した成分です。

女性の使用は適切ではなく、妊娠している場合には胎児への催奇形性といった副作用が発生してしまうことが懸念されます。

そのため妊娠している場合は、みずから使用しないのはもちろんですが、出産したあとも乳幼児がいる場合に使用するのはタブーです。

成人の男性が使用する場合であっても、家庭のなかに妊婦や乳幼児がある場合には、医薬品の管理は徹底し、錠剤を割って破片を飛散させるなどの不適切な取り扱いをしないことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました