フィナステリドとは?効果や副作用、安全性について調べてみた

成人男性の5人に1人は薄毛という現在、さまざまな育毛剤や養毛剤が増えています。

そんな中、AGA治療薬として正式に認可されている薬、プロペシアをご存知の方も多いでしょう。

医薬品であるため発毛効果が高いです。

そして、フィナステリドとはそんなプロペシアの主成分なのです。

医薬品ということで病院で処方してもらうことで手に入ります。

正しく使用すれば安全性は守られますが、実は女性にとっては触ることも許されない劇薬ですし、副作用だって持っているのです。

薄毛をなんとかしたいという気持ちは分かりますが、きちんと使ってください。

フィナステリドは抜け毛が減らない?実際の効果はどうなの?

薄毛改善のための画期的な成分・フィナステリドですが、その効果はどうなのでしょうか。

実はフィナステリドを使用することで抜け毛が減らないどころか増えてしまう場合もあります。

この成分はAGAによる抜け毛にしか効果はありません。

DHTを抑制してヘアサイクルを正常化することで、髪の毛が伸びてくるのです。

もしも使用することで抜け落ちてしまうのであれば、好転反応という可能性も考えられます。

こちらは薬が効いているという証拠でありそのまま継続して使用することをおすすめします。

AGAであれば効果抜群。

あっという間に抜け落ちてしまっていた毛がきちんと成長期を保つことができるようになるため、少しずつ増えてくるでしょう。

でも、今の医療技術では薄毛を完全に治す薬というのは開発されていません。

フィナステリドの服用を続ける限りはヘアサイクルが正常であり続ける。

つまり服用をストップすればまた薄毛が進行を始めることを知っておいて下さい。

また、髪の毛というのは少しずつ伸びてくるものですから、プロペシアを服用してすぐに劇的に変化するというわけではなく数ヶ月続けてやっと、変化に気付けるといったペースであることも知っておきましょう。

フィナステリドの副作用|肝機能障害や高血圧になるって本当?

サプリメントなどと違い薬は身体に対して強い影響を与えます。

だからこそ医師の処方の元でしか手に入れることができないのです。

フィナステリドの場合、服用を続ける中で肝臓への負担がかかり肝機能障害などの副作用に陥る可能性もあるのです。

ただ、どのような薬であれ分解や解毒といった役割を持つ肝臓には負担がかかります。

フィナステリドは比較的そのリスクは低いと言われ、重篤な肝機能障害にかかった患者は全体の2パーセント程度です。

普段からアルコールなど負担をかけるものは控え、肝臓に気を使って生活していれば、それほど問題ないでしょう。

フィナステリドの副作用は主に生殖機能に現れます。

そのため高血圧の方でも服用は可能です。

プロペシアの取扱説明書にも特に記載はされていません。

服用に不安があるというのであれば医師に相談してみてください。

中には、頭痛やめまいといった症状を感じる方もいます。

今持っている病気や常備薬がある方は医師に相談し、服用したことで何らかの変化が現れた場合も病院を受診してみる方が安心です。

フィナステリドの安全性について|子供や女性に影響はあるの?

男性向けのAGA治療薬であるフィナステリドは、女性が服用することはもちろん触れるだけでも危険です。

皮膚からその成分が入り込んでいくのです。

それにより、男の子の胎児の発育異常につながります。

妊娠している・あるいはその可能性のある女性・授乳中の方がいる場合には、その取り扱いに十分注意しましょう。

フィナステリドには男性機能の低下や性欲の減退などの副作用もあります。

子供の安全性以前に性行為自体にも影響を及ぼしてしまうのです。

結婚してこれから子作りをという方は薄毛対策はちょっとお休みしてみてはいかがでしょうか。

一緒に暮らすパートナーを危険に晒す、または、自身の子供に大きな障害を持たせるよりは髪の悩みを抱えていた方がマシなはずです。

ただ恐ろしいのは、性機能に関係する副作用は、フィナステリドの使用をやめたとしても正常に戻らない場合もあるということです。

確かに効果も高く薄毛に対しては画期的な薬ですが、使用する場合にもう少しよく考えてから試してみましょう。

実はストレスや食生活の乱れ・睡眠不足など生活習慣の悪さを改善するだけでもある程度の薄毛や抜け毛の改善は見込める場合もあります。

まずは専門の病院で診てもらう・生活を見直すところから始めてみませんか。

まとめ

薄毛に悩む男性に対して画期的なフィナステリドとは、実は危険性と安全性とが紙一重の成分です。

効果もありますが、大変危険な副作用もあります。

プロペシアを服用している方は献血をすることさえ許されていません。

髪の毛と自身の子供・愛すべきパートナーなどと秤りにかけた場合、どちらをとるべきかは明白です。

特に危険なのがとにかく安く試したいとインターネット通販経由で手に入れたプロペシアのジェネリック医薬品でしょう。

できれば事前にある程度調べた上で十分に納得してから、医師の処方箋を受けた上で服用を始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました