AGAの改善方法とは?生活習慣や食事を見直すことで改善できるの?

AGAは髪を作る栄養が十分に行き渡らないと症状が悪化する傾向があるため、食事を始めとした生活習慣と深い関係があると考えられています。

その中には十分な栄養を摂取することだけでなく、十分な睡眠をとることなど生活全般を改善していくことが大切です。

体にとって健康的な生活を送ることで血行がよくなり、しっかりと栄養が髪に届くようになれば、それを元にして強く健康な髪が作られるようになり症状がよくなっていくでしょう。

育毛効果のある食べ物や飲み物でAGAを改善できるって本当?

髪の毛にとって良いとされている食べ物を食べることで調子がよくなるという期待はできます。

そういった物を食べるだけで必ず良くなるとは言い切れませんが、可能性があるということで、できる限り髪の毛にとって良い食事をしていくことが望ましいでしょう。

髪はタンパク質からできているので、髪の毛の材料となるタンパク質を十分にとることが重要で、特に良質のタンパク質を十分にとるようにすることが大切です。

タンパク質は肉類や魚類に多く含まれていますが、なるべく脂肪分が少なく赤身の多い部位の肉類を食べたりすると良いでしょう。

飲み物の中では髪によいとされている成分のポリフェノールを多く含むものが好ましいと言えます。

具体的なものとしてはワインに多くのポリフェノールが含まれていますが、アルコールの摂取は多すぎると髪に悪い影響を与えます。

そのため飲み過ぎないようにすることが大切です。

他にはごぼう茶もポリフェノールが多いので髪の毛に良いと言われています。

AGAにとってはこのようなものを積極的にとるようにすることが、症状を改善させるコツです。

AGAの原因は睡眠不足!?睡眠時間を多くとると薄毛が改善できる?

髪の毛に睡眠不足は非常に悪い影響を与えるため、常にしっかりと睡眠がとれるように気をつけて生活を送ることが大切です。

寝ている時には体は動いていなくても、体の中で色々なことが起こっており、特に成長ホルモンが分泌されていることは体にとってとても重要なことです。

成長ホルモンが出ると細胞分裂が盛んに行われるようになるため、髪も十分な成長をすることができます。

髪の毛は毛根にある毛母細胞という細胞が分裂をして伸びていくために、細胞分裂の速度が遅くなると、成長速度が遅くなっていしまいます。

髪が太く強く伸びなくなるだけでなく、髪のサイクルが順調にいかなくなり抜け毛が増えたりしていくと髪の量が少なくなってしまいます。

そうなるとAGAを悪化させてしまう恐れがあるために、十分な睡眠時間を確保することが髪にとっても必要です。

体に必要な睡眠時間は個人差があるために、何時間眠れば十分だとは言い切れませんが、朝起きる時に翌日の疲れが残っているようでは睡眠が足りていない恐れがあります。

できる限り寝る時間を長くするようにしましょう。

ストレスが原因のAGAはどうしたら抜け毛を減らすことが出来るの?

精神的なストレスもAGAとの関係があると言われています。

人は何か精神的に動揺をすることがあったり、嫌な気持ちになることがあると、血管が収縮して血圧が上がることがあります。

これも一日のうちで軽く起こる程度であれば正常な範囲内ですが、常に精神的な影響を受け続けていたり、我慢できないほどの強い衝撃を受け続けていると、血管が収縮したままの状態になり血流が徐々に悪くなっていきます。

血流が悪くなると体の隅々まで栄養を運ぶことが難しくなり、栄養となる成分が行きとどかなくなります。

そうすると成長が遅れるだけでなく、健康な髪が作られなくなるために細く弱いもの多くなっていきます。

細い毛は抜けやすく、少し引っ張っただけですぐに抜けてしまいます。

また伸びるサイクルが乱れることで、毛根の健康が保たれずに、毛がすぐに抜けてしまったりすることもあります。

髪は定期的に抜けていき新しいものに生まれ変わっていますが、そのサイクルが乱れると次の髪の準備ができていない時に髪が抜けてしまい、その時に髪の量が少なくなってしまいます。

そのためできるだけストレスを解消するような生活を心がけることが必要です。

筋トレをするとAGAになる?どんな治療をすれば改善できるの?

AGAは男性ホルモンとの関連が深いことで知られており、男性ホルモンが過剰に出ることで髪が抜けたりしやすくなると考えられています。

男性ホルモンは体にとって必要なホルモンで、たくさんの重要な働きをしますが、過剰に分泌されることで髪には良くない影響があります。

男性ホルモンの分泌をアップさせるもののひとつに筋トレがあります。

筋肉に負荷をかけることで、筋肉を増大させるようにする働きがありますが、その際に男性ホルモンが大量に分泌されるため、筋肉は付くのですが髪にとっては悪い影響が出ると言われています。

これはハードな運動をして筋肉をつけようとした時に起こる症状で、解決策としては筋トレを行う時にはハードなものは避けるようにして、筋肉に負荷をかけ過ぎないようにするということです。

トレーニング方法が他のものでもよいのであれば、もう少し負荷の軽いものに変えることで、髪への影響を少なくすることができるでしょう。

もしも、筋肉を付けたいのであれば、慎重にトレーニングを行うようにして、できるだけ急激な負荷がかからないようにしていきましょう。

まとめ

AGAを改善するには血流を良くすることが重要です。

そのためにたんぱく質やポリフェノールを摂取すると良いです。

また、血流を良くするために睡眠を十分にとったりストレス解消に努めたりしましょう。

筋肉をつける運動もハードなトレーニングは控え、筋肉に負荷をかけ過ぎないようにすると良いです。

タイトルとURLをコピーしました