AGAは遺伝するって本当?遺伝以外にAGAになる原因はあるの?

AGAは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの働きが原因で発症するものです。

生まれた時の体質で将来的な発症の確率がわかります。

普通の薄毛の症状とAGAは全く異なる薄毛の状態です。

普通の薄毛の症状は、日常的な疲れやストレスによって頭皮の状態が悪くなることを意味します。

一方で、AGAは遺伝的な性質によって先天的な発症の確率が高い人かそうではない人を決めるだけですので、遺伝以外かそれ以外かといった比較に意味がないということを理解しておきましょう。

AGAが遺伝する確率って?男性型脱毛症になる原因と遺伝との関係

一般的に、AGAの遺伝確率は全体の25%程度だと考えられています。

ただ、発症率が25%というわけではなくあくまでもそうした性質が子供に受け継がれる可能性があるだけということを忘れてはいけません。

元々、抜け毛というのはどのような原因であっても日常の生活状況がトリガーとなって発症することが多いです。

男性型脱毛症の場合は男性ホルモンが原因であるということがわかっていますが、男性ホルモンが薄毛に直結する動きを全ての人に対して行うわけではありません。

例えば、同じ分泌量で男性ホルモンを分泌させている男性が2人いたとしても、将来的な薄毛の発症率は同一ではないのです。

片方の男性が薄毛になっても、もう片方の男性は一生薄毛にならないこともあります。

これは、男性ホルモンが原因であっても日常生活の中で症状が発症する行動をしていないからに他なりません。

男性型脱毛症の場合は、男性ホルモンが特定の還元酵素によって脱毛を促進する物質に変化することで抜け毛が進行しますが、日常生活でこうした物質を生み出さないように予防することも不可能ではないわけです。

AGAの遺伝子検査って何?費用はどれくらい?信憑性はどうなの?

AGAの遺伝子検査の信憑性は高いです。

そもそも、クリニックに行って治療を行う際にはこの検査の結果を参考に治療のカリキュラムを決めていくくらいです。

実際に検査を行う際には、口内の粘膜や血液を採取して、文字通りその遺伝子を解析します。

そうすることによって、将来的に薄毛になるかどうかが遺伝的にわかります。

遺伝検査の信憑性が高いのは、一人一人の遺伝的な性質をきちんと見極めることができるからです。

クリニックに来た段階で患者の頭皮の状況や症状の進行状況は全く違います。

全ての人に対して一律に治療を行うようなカリキュラムは存在しませんので、患者ごとに遺伝子解析を行うことはとても重要になるのです。

費用に関してもそれほど高くはなく、相場としては1万円前後で実施してくれるところがほとんどです。

しかも、クリニックで遺伝子検査を行った場合にはそれと一緒にその患者に見合った薬の処方も行ってくれますので、まとめて料金を計算してくれます。

AGA治療における基本的な手順でもありますので、相談すれば滞りなく診察を行ってくれるでしょう。

AGAは遺伝するの?母方の父親がハゲていたら危険って本当?

AGAが遺伝するのは、母方の父親からである可能性が高いことがわかっています。

これは、染色体の関係で高い確率でそうなっています。

遺伝的な性質によって、男性は母方の父親の染色体を受け継ぎます。

染色体には様々な情報が存在しており、当然毛髪に関する情報もそこに含まれています。

ですから、この染色体に該当する人物の頭髪が薄毛である場合には、それを受け継ぐ本人の頭皮にも薄毛の症状が現れる可能性は十分にあります。

ただ誤解をしてはならないのは、人間の髪の毛に関する染色体の情報が、完全に解明されているわけではない点です。

あくまでも確率的な問題なので、確実にそうなるわけではないということを知っておく必要があります。

AGAという症状は、原因や治療法は特定されているものの、どういった経緯で完全に発症するのかという部分で未だに解明されていない部分も多いです。

子供に対して引き継がれるとは言っても、引き継いだその情報が表に出ないこともありますので、脱毛症のトリガーになる行動さえしなければ問題にならない可能性もあるということを理解しておくことです。

遺伝が原因のAGAって治るの?どのような治療が効果的なの?

遺伝が原因のAGAであっても、クリニックで治療をすれば症状を改善することは可能です。

治る確率は患者によって個人差がありますが、確立された治療法が存在するのは事実です。

まず、薬を利用して男性ホルモンの動きを小さくする方法があります。

薬を利用する際には、患者に見合った分だけを処方してもらう必要があるため、事前の遺伝子検査が不可欠になります。

また、これと同時に頭皮を活性化させるための成分も頭皮に塗布することが求められます。

これは医薬品指定を受けた特別な薬で行いますので、この二つの薬をメインにして治療をしていくのがAGA治療の基本です。

ただ、どうしても薬に依存したくないという人は、手術に頼る方法もあります。

これは、患者自身の髪の毛を利用した自毛植毛というかなり特殊な手術方法です。

脱毛症に強い自分の毛髪をドナーとして提供することによって、それを薄くなっている部分に移植します。

そうすることで、将来的に脱毛症を抑えることが可能になります。

どちらを選ぶにしても、患者の身体に合った方法を選択することが好ましいです。

まとめ

AGAは母方の父親から遺伝する可能性が高く、その確率は、25%程度だと考えられています。

ただ、その25%の人がすべてAGAになるわけではありません。

遺伝子検査をすることによって発症するかどうかが分かります。

検査の費用は1万円程度で信憑性は高いので、気になる人は受けてみてください。

クリニックで検査を受ければ、あなたに合った治療のカリキュラムが決定します。

育毛剤の方が経済的ではありますが、自分に合う育毛剤が見つかるまで数本試すことも考えられますので、クリニックで治療を受けた方が費用を抑えられる可能性があります。

クリニックで治療を受ける場合は、主に医薬品指定を受けた特別な薬で行いますので、心配な方は自毛植毛というかなり特殊な手術を受けるか、副作用の少ない育毛剤を使用することになります。

タイトルとURLをコピーしました