AGAって何?年齢とともに薄くなる原因や対策法を紹介します!

AGAとは男性型脱毛症の事を意味する事で、多くの場合は20歳以上を越えてから徐々に発症し始めます。

原因としてはヘアサイクルの乱れやDHT、ストレスなど様々な要因が挙げられ、また遺伝によるものが原因で発症する人もいます。

ただし対策をする事で発症を抑える事は可能ですし、一度薄くなってしまった髪でも再び生えてくる可能性もあるので、症状が発症したからと言ってあきらめる必要はありません。

AGAのハゲ方ってどんな感じ?気になる抜け毛の特徴を教えて!

AGAのハゲ方には特徴があり、一つはM字から抜けていくタイプのものがあります。

これは額の左右から徐々に毛が抜けていくような感じのもので、最終的にはアルファベットのM字のような形になりますので、一般的にM字ハゲと呼ばれています。

M字ハゲになってしまうと非常に進行が速いですので、対処せずに放っておくとあっという間にハゲてしまいます。

放っておいてもよくなる事はありませんので、進行が始まっているなと気づいた時点で早めに対処を始める必要があります。

またつむじからハゲていく場合もあり、特につむじの場合は血管が他の部分と比べても細いという事もあり、髪に必要な栄養が行き届きにくい部分でもあるのです。

ですが基本的にM字から進行し始めてつむじに到達するという場合が多いですので、逆に治療する際にはつむじの方から手を付け始めるのが基本です。

どの抜け方にも共通するのは髪の毛は徐々に抜けていくという事で、円形脱毛症のように髪が一気に抜ける事は無く、少しずつ抜け毛が増えていくといった感じのイメージです。

ですので自分がAGAになっているという事を初期段階では気づきにくく、気がついたらかなり進行していたという事もあります。

AGAの原因はストレスって本当?どうやって解消したら良いの?

AGAの原因として挙げられる要因の一つの中には、ストレスもあると言われています。

自律神経やホルモンバランスという部分を乱れさせやすくさせ、これらが乱れる事で毛髪の成長に深く関わってきます。

ストレスで血圧が上がってしまう事もあり、血圧が上がってしまうと血管の収縮が起きてしまいます。

それによって毛髪に栄養が上手く行き届かなくなり、髪の毛が育ちにくくなるという影響もあります。

そしてコラーゲン不足も招いてしまう可能性も考えられ、そこから毛髪の成長を妨げます。

ストレスを溜め込んでしまうと、毛髪にも様々な悪い影響を与える事になります。

社会で生きる上においてイライラを感じないように生活をしていくという事は非常に困難です。

どんなに気を付けていても降り注いでくるものですし、感じないものとして生きて行こうとする事で逆にそれが仇になってしまいます。

自分なりに生きて行く上で楽しみを見つけたり、日頃のイライラを溜め込まないように自分で解消出来る方法を見つける事でコントロール出来ますし、AGAの抑制効果にも期待できます。

AGAの主な原因とされているDHTって何?対策法はあるの?

AGAの主な原因とされているDHTの正体は男性ホルモンです。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼ酵素と結びついて生成されたもので、正式名称はジヒドロテストステロンと言います。

このDHTと呼ばれるものは髪の毛の成長を抑制してしまうもので、結果的に脱毛のサイクルを速めてしまいます。

髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうため、どんどん薄毛になっていくのです。

AGAの対策法は色々挙げられますが、一番有名な方法として挙げられるのは育毛剤を使う事です。

特に最近はたくさんの育毛剤が発売されていますし、購入もしやすくなっていますので、自分の薄毛が進行していると気づいた段階で積極的に使っていきましょう。

また生活習慣の改善も効果的とされていて、偏った食生活や喫煙、運動不足は血液の流れを悪くする為結果的に毛根に栄養が行き届きにくくなってしまい、そこからAGAとなってしまう恐れがあります。

自分の生活習慣が良くないという自覚があるのでしたら他の対策をしつつ生活習慣を改善していくと早く治療が進んでいきます。

AGA対策におすすめの育毛剤とは?副作用の心配はあるの?

AGA対策の一つとして育毛剤が使われますが、育毛剤と言っても市場にはたくさんの物が存在します。

そこで自分に合った物を探す場合、インターネット上の口コミなどを探して、良さそうな物を探してみるというのが一つの手です。

ただしそこでおすすめされていたからといっても、実際に正しい口コミかどうかというのは最終的に自分で判断する事になります。

おすすめ出来る基準を挙げるとするのであれば、返金保証やサポート体制がしっかりしている物を選ぶべきであって、特に返金保証がある場合でしたら仮に自分に合わなくてもリスクを負う事がありません。

またあらかじめ医療機関でAGAの診察をして、自分の頭皮の状態がわかった上で自分に使用出来る成分を見つけておくというのも大事です。

副作用というのはあまりありません。

例えば成分が肌に合わなかったりする場合にはアレルギー反応としてかゆみや痛み、フケといった症状に悩まされる事になります。

自分がアレルギー反応が出るとわかっている成分が入っている場合は、絶対にそれらを避けて選びましょう。

また使い始めた際稀に初期脱毛が起こる事がありますが、これは血液の流れが促進されている結果でづ。

むしろヘアサイクルが正常に戻っているサインですので安心して大丈夫です。

まとめ

AGAは髪の毛が徐々に抜けていくので、自分では気が付かない場合が多いです。

主にストレスが原因となって発症しますが、生活習慣の乱れも原因として考えられるため、対策としては生活習慣を見直すことから始めましょう。

同時に育毛剤を使用して頭皮の環境を整えることも重要です。

専門のクリニックもあなたに合った治療法を勧めてくれますが、高額なのがネックです。

ただ、使用した育毛剤が合わない場合もありますので、その場合はクリニックの方が効率的ではあります。

タイトルとURLをコピーしました