30代の薄毛対策|シャンプーや育毛剤、病院での対策を紹介!

30代は、仕事でも責任のある立場になったり結婚や子供ができたりと環境の変化が激しい時です。

薄毛の進行も早くなるので、なんとかしなければと思っている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、30代がどのくらいの割合で薄毛になっているのかや対策法について紹介しています。

30代で薄毛という悩みを持っている男性がやるべき薄毛対策とは?

男性が30代で薄毛の悩みを感じた場合は、できるだけ速やかに複数の対策を始めることが肝心です。

具体的には、シャンプーやマッサージなどの直接的なケアに加えて、間接的なものも含めるのが理想といえます。

シャンプーは酸化した皮脂を落としたり、角栓を取り除くことも大切ですが、やり過ぎると乾燥を招くので加減が難しい所です。

しかし良質なシャンプーを選びつつ、正しい洗い方とマッサージを組み合わせることで、少しずつ変化が見え始めます。

30代は仕事もプライベートもバイタリティが盛んですが、同時に体の老化が表面化する年齢でもあります。

薄毛が加速することも珍しくありませんから、悩みに気が付いたら後回しにしない方が良いでしょう。

ストレスを感じているなら発散する、食事は内臓に負担を掛けにくい、バランスの取れた物を口にするなどもポイントです。

現在の頭皮や頭髪の状態は、数ヶ月前から数年前の生活状況が反映されたものです。

直ぐに変化は現れないかもしれませんが、今から対策に取り組むことで、今後を良好な状態へと導けるようになります。

30代で薄毛に!?日本人はどのくらいの割合でハゲになるの?

薄毛は相対的に評価されるものなので、明確な定義は決まっていませんが、自らそう感じて悩んでいる割合は判明しています。

2016年に行われた毛髪クリニックの調査によると、30代で薄毛を自覚して悩んでいる人は男性の約38%に上ります。

つまり半数に近い人達が何らかの悩みを抱えているので、決して他人事とはいえません。

勿論他人から見て大したことのない、心配性の人もこの割合には含まれているでしょう。

ただ30代で進行が早まるケースがあるのも本当ですから、軽視しないで取り組みを始めることをオススメします。

ハゲといっても人それぞれですが、深刻な場合は前髪の生え際が後退したり、頭頂部と合体してしまいます。

これは明らかにハゲですが、ここまで進行しなくても頭頂部のボリュームが減ったり、前髪が寂しくなることもあります。

進行を始めて毛髪量に変化が見られれば、周囲からハゲと認識される可能性が高まります。

そうならない為にはケアを始めて、生活習慣の見直しも行うことが必要です。

30代の薄毛男性にオススメの薄毛対策用シャンプーと正しい使い方!

30代の男性にオススメなのは、皮脂を取り除きながらも水分を奪い過ぎない弱酸性です。

弱酸性は頭皮に対する負担が小さいので、薄毛対策にはもってこいです。

近年は洗浄力が控えめなアミノ酸系が人気ですから、迷ったらこれを選んで使ってみましょう。

アミノ酸を含むタイプではなくても、洗浄力が抑えられている製品は洗い上がりに物足りなさを感じがちです。

その為シャンプーは洗う前も肝心で、この準備が洗浄効果やすっきり感を左右します。

正しい使い方としてはまず、頭皮と髪の毛をお湯で洗い流して濡らします。

次にシャンプーを少量手に取り、お湯を加えて念入りに泡立てましょう。

取り出す量は500円玉位が目安ですが、毛髪の量に合わせて加減を考える必要があります。

泡を少量ずつ頭髪に付けたら、今度は指先を使って優しく揉むようにマッサージします。

指で擦ると弱った髪の毛が抜けてしまうので、あくまでも揉んで皮脂を押し出す程度に留めます。

頭皮全体にマッサージが行き届いたら、後は洗浄成分を含む泡が残らないよう洗い流しましょう。

皮脂が気になる場合は事前に馬油などで落としやすくする、汗を掻いた時は2度洗浄を繰り返すと効果的です。

30代の薄毛男性にオススメの育毛剤|効果のある成分とは?

30代男性にオススメの育毛剤は、抗炎症や保湿効果を持つものです。

血流の促進が主に求められる作用ですから、こういった成分を含む育毛剤が30代の薄毛改善に不可欠です。

具体的な成分には、頭皮の炎症を鎮めて回復を促す天然由来のものや、血行を良くしてくれるトウガラシにニンジンエキスなどが挙げられます。

最近は髪の毛を作る毛母細胞の活性化を促したり、頭髪サイクルを正常に戻す成分を含む製品もあります。

薄毛は土壌に該当する頭皮の弱りが原因なので、状態を正常に導ける製品が理想的です。

どれが合うかは実際に使ってみるまで分かりませんが、一般的に良いと認められている物なら、どれも試してみる価値があるといえるでしょう。

弱った頭皮が元気になれば、炎症の回復で消費されていた栄養は残り、巡りの良くなった血流に乗って髪の毛へと届けられます。

そうするとヘアサイクルも改善されるので、やがて細く短かった髪の毛は再び伸び始め、太くコシのある状態に戻ります。

30代の薄毛対策は病院がオススメ!まずは皮膚科で症状をチェック!

シャンプーを変えたり育毛剤を使っても改善しない時は、病院に相談して状態を確認するのがオススメです。

30代は将来を決めるターニングポイントなので、薄毛対策を始める為に速やかな相談を行うのは合理的です。

相談先には皮膚科を選び、正直に頭皮の状態を伝えたり悩みを相談しましょう。

薄毛の原因は本当に様々なので、例えば遺伝だと思っていたものがダニ、あるいは白癬菌だったりもします。

効果的な対策には原因の究明が不可欠ですから、病院で診てもらうのは実に良いことです。

30代だと年齢を気にして出向きにくいものですが、逆にこの年齢だからこそ頭皮を確認する必要があります。

皮膚科が相談を受ける機会は多く若い人も少なくないので、年齢はあまり気にしなくても大丈夫です。

相談時のチェックポイントは、頭皮の乾燥に皮脂の過剰分泌や炎症が起こっていないかなどです。

これらの症状があると毛髪に栄養が行かなくなるので、頭皮を診てもらい状態を詳細に把握することが重要です。

まとめ

30代で薄毛に悩んでいる人の割合は全体の半数近くもあり、何かしらの対策をしなければと思っている人が多いです。

生活習慣の見直しとともに頭皮マッサージや育毛剤での対策を行うと効果的です。

それでも改善しない場合は、病院へ行って恥ずかしがらずに相談することが正しい対策を行う上で必要になります。

タイトルとURLをコピーしました