20代の薄毛対策|シャンプーやサプリメント、病院での対策を紹介!

20代は、就活やその後の社会人としての生活など環境の変化が激しいですよね。

落ち着いた頃、ふと鏡を見たら薄毛になっていた・・・、という方も多いのではないでしょうか?

また、10代のころから薄毛が進行しているという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな20代の薄毛対策について、原因や対策法などを紹介しています。

20代の薄毛はストレスが原因?ストレス解消法と薄毛対策とは?

若い世代の薄毛(若年性脱毛症)はAGAだけではなく、慢性的なストレスが間接的な要因となる場合もあると言われています。

20代は就活・新社会人など立場や生活環境が目まぐるしく変化していく時期ですから精神的な疲労が溜まりやすい時期と言えます。

精神的な疲労が解消できない状態が続きますと、身体に悪影響を与える活性酸素も増えるため、活性酸素を分解するために髪の合成に必要不可欠な亜鉛の消費量が増えて、亜鉛不足に陥り髪の成長を阻害する場合があります。

しかも、自律神経のバランスが乱れて血行不良を起こす事で頭部の血流も悪くなり、髪の成長に必要な栄養の運搬を阻害することにもつながります。

また、自律神経のバランスが乱れると自己免疫性疾患に陥り円形性脱毛症を引き起こす可能性もありますから、精神的な疲労・緊張が続くことで男女問わず若い世代でも頭髪が薄くなる可能性があるというわけです。

そのため、20代の薄毛対策にはストレス解消が重要であり、精神的な疲労を軽減する十分な睡眠や眠りの質の向上・血行を促進する適度な運動(特に有酸素運動)であったり、不足しがちな亜鉛をサプリ等で補給してあげることが効果的です。

20代の薄毛にオススメのシャンプーとシャンプー時に注意すること!

20代の抜け毛・薄毛対策において大切なのがシャンプーの選び方です。

洗髪剤は一般的に使用感の良さを重視して選ぶ場合も多いでしょうが、薄毛・抜け毛が気になる場合は洗髪剤選びを間違うと症状を悪化させる恐れもあるので注意が必要です。

20代男性は皮脂の分泌量が多いため皮脂汚れをしっかり洗い落とすために洗浄力重視で洗髪剤を選んでいるかもしれませんが、市販の洗髪剤は本来頭皮のバリア機能の維持に必要な皮脂まで奪ってしまう強力な洗浄成分を含むものが多いです。

そのため、抜け毛が気になる場合は刺激の強い高級アルコール系界面活性剤使用の洗髪剤は避けた方が良いですし、できれば頭皮への刺激・負担が少ないノンシリコン・アミノ酸系シャンプーを選んだ方が頭皮のダメージを軽減できます。

皮脂を過剰に洗い落とすと頭皮のバリア機能が低下して頭皮環境の悪化を招きますし、そうなると髪の成長を阻害したり炎症を引き起こして抜け毛の悪化の恐れがあります。

また、洗髪方法においても頭皮環境の悪化を防ぐため、熱いお湯ではなくぬるま湯で洗う、爪を立てずに泡で洗う、成分の残留を防ぐためすすぎをしっかりするといった点に注意しておく必要があります。

20代の薄毛をサプリメントで対策|オススメのサプリはどれ?

20代の薄毛はAGAだけではなくストレス・生活習慣・洗髪方法なども間接的な要因として絡んできますが、症状の進行を遅延させたり改善するためには髪の成長のもととなる栄養補給のための食生活の見直しも大切です。

ただ、20代は新社会人としての生活にまだ慣れていなかったり仕事が忙しいなどの理由で栄養が偏りがちな食生活を送っている場合が多いかもしれませんから、食事だけでは摂取できない不足しがちな栄養をサプリを活用して補給するのも対策の一つです。

栄養補給には関しては桶理論というものがあり、必須栄養素が満たされた状態でないと特定の栄養素を過剰摂取しても吸収されないと言われているので、育毛サプリは髪の成長・頭皮を健康に保つのに必要なタンパク質やアミノ酸、ビタミン類・ミネラル類がバランスよく配合されているかが選び方のポイントになります。

また、AGAの要因となるDHTを抑制すると言われるノコギリヤシ・イソフラボンが配合されているものであればAGA対策に期待ができますし、育毛の手助けをするとされるミレットエキスやカプサイシンなどの栄養素が配合されているものも効果的です。

20代の薄毛対策|プロペシアって使っても大丈夫?副作用はあるの?

40代以降に比べたら少ないものの、10代後半でも発症する事があるAGAですから、20代でもAGAで薄毛が進行したため、生活習慣の改善や自宅でできる薄毛対策では対処できない場合も少なくないでしょう。

そのため、AGA治療の基本となるAGA治療薬プロペシアを服用することを検討されている方も多いかもしれませんが、医薬品ですから副作用が気になる方は多いはずです。

プロペシアはAGAの要因となるDHTの変換を抑制する効果があるため症状の進行をくい止める事ができるAGA治療薬であり、その効果は半年の服用で50%近くの人が実感するレベルです。

継続的な服用によりAGAの改善が見込める治療薬ですが、その反面、下痢・胃の不快感といった消化管障害や男性機能の低下、他の医薬品でも起こる肝機能障害などが起こる可能性はあります。

ただ、臨床試験データによると副作用の発生自体が少ないですし、男性機能の低下に関しては思い込みなど精神的な作用が影響しているというデータも発表されています。

ただし、このAGA治療薬は胎児の男性器に悪影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠を望む女性・妊婦さんは触ることすら危険な薬なので注意が必要です。

20代の薄毛を病院で対策!AGAクリニックは高額も効果あり?

20代の場合はまだまだ若いため回復スピードもはやいですから、自然治癒が見込めないAGAの疑いがある場合は早期発見・早期治療を受ける事が髪の毛を取り戻すための最良の対策と言えます。

AGA治療薬自体は個人輸入代行サイトで医師の処方箋なしでも手に入るのでコストもかなり抑えることができますが、偽物や粗悪品が届く心配もありますし、医師の診察なしでの服用はリスクも高いです。

そのため、多少割高でもクリニックで治療を受けた方が安全性が高く安心して治療を受ける事ができます。

ただ、一般的な病院・皮膚科のAGA治療は早期であれば回復も見込めますが、薄毛が進行した状態ですと、現状維持の効果が目一杯といった感じで期待している発毛効果は得られない可能性が高いです。

しかし、AGAクリニックであれば治療実績が豊富な専門医による診断、豊富な治療プランの中から身体の状態・症状に適した治療法を提案してくれます。

しかも、高額な治療費がかかることが多いものの注入療法やオリジナル治療薬などといった積極的な発毛治療も受けられます。

なので、、積極的な発毛治療を望むのであれば多少割高でもAGAクリニックの方が治療効果が期待できます。

まとめ

20代の薄毛は、生活環境の目まぐるしい変化によるストレスが原因で起きる可能性が高いため、まずは、ストレスを解消することから薄毛対策を行うことが重要です。

ただ、それだけでは充分な対策にならない場合もありますので、シャンプーやサプリなどで育毛の手助けを行うことも効果的です。

また、育毛剤や専門のクリニックも費用がかかるかもしれませんが、結果的に効果が期待できる対策法なのです。

タイトルとURLをコピーしました